イーサリアムの連合企業(EEA)への参加情報!!KDDIも参加する!!

Sponsored Link

イーサリアムの可能性を拡大させる1つの要因は“スマートコントラクト”です。

そして、もう1つの要因として“EEA(Ethereum Enterprise Alliance)”があります。

このEEAへは多くの企業が現在参加しており、日本ではTOYOTA自動車が参加しています。

その他にも有名企業として、“インテル”、“マイクロソフト”等があります。

そして、今回新たに参加した企業について情報がありましたので、ここで紹介します。

Sponsored Link

EEA情報:ロシア最大銀行SberbankがEEAへ参加

ロシア貯蓄銀行Sberbankはロシア最大の商業銀行で、正式名称は、

ロシア連邦貯蓄銀行です。

ロシア国内に2万箇所の支店を保有しています。

このロシア最大の商業銀行であるSberbankは既存の銀行網及びシステムに対してイーサリアム・ブロックチェーンの導入テストをするために、EEAに参画したようです。

実は、ロシア国内の多くの銀行は、イーサリアム・ブロックチェーン技術の導入検討を2017年の初め頃から検討していました。

そして、SberbankのCEOであるHerman Gref氏は、2019年までにブロックチェーン技術を既存ネットワークに導入する様に、計画を進めており、その計画遂行のためにもEEAへ参画する必要があったわけです。

実際にSberbankの執行役員Lev Khasis氏は以下のとおり語っています。

SterbankとしてEEAへ参画することは、当社の計画を遂行するために、重要なことである。このEEAのメンバーシップは、最先端の開発とブロックチェーン技術に関する国際的な専門知識の吸収のために、必要なことである。

Sponsored Link

EEA情報:KDDIもEEAへ参加

KDDIはEEAへ参加し、“スマートコントラクト”の導入検証をする事を表明しました。

KDDIは、ネットワーク・インフラ企業として、スマートコントラクトを導入することで、市場動向について研究したり、

IoTと組み合わせることで、新たなサービスの創造を検討している様です。

例えば、家庭内の不足気味の日用品の在庫状況をブロックチェーン技術で管理し、その最新情報を元に、メーカへ自動購入依頼をネットワーク経由で、依頼したりすることで、ネットワークとサービスの拡大を目指している様です。

それを実現するためにも、EEAへ参画し、開発状況の共有をして、日本市場に最先端技術を適用しようと考えている様です。

Sponsored Link

さいごに

イーサリアムの大きな可能性の1つであるEEAですが、やはり、この様な大きな団体が、企業間の垣根を超えて、技術力を集結させることでで、

その技術を確立させ、技術の標準や規格を確立させていきます。

そして、どこの企業でも活用可能な形に落とし込まれていきます。

もし、その標準規格をEEAが確立させた場合、イーサリアムとの連携も考えた形になるでしょう。

そうすれば、イーサリアムは、より簡単に使用できるネットワークが形成されますし、さらには、IoTとの連携も検討されると予想されます。

これより、イーサリアムとして市場のニーズにあった通貨となり、イーサリアムの市場が拡大することが予想されます。

上記理由より、非常に興味深いニュースではないでしょうか。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す