イーサリアムをAmazonは決算手段として採用??2018年の値動きに大注目!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

電子商取引(e-commerce)いわゆるネットショッピングで、中心にいるAmazonですが、ここ数ヶ月ビットコインを決算手段として取り入れるのではないか??(詳細:リンク

と噂されてきました。

ただ、ここに来て、Amazonが別の動きをしている情報が発信されていましたので、紹介します。

Amazonがビットコインを決算手段として導入するという噂は信憑性(しんぴょうせい)に欠けるところもありましたが、

今回のニュースは、エビデンス(証拠)もあるため、多少は信憑性が、高いように感じます。

いずれにせよ、今後の可能性を把握するという意味では、良いのではないでしょうか。

Sponsored Link

Amazonがビットコインではなくイーサリアムを採用?

ネットショッピング界の巨人であるAmazonがなんと以下3つのドメイン(URL)を登録しているという情報が発信されていました。(ツイッター参照)

⑴ amazoncryptocurrencies.com
⑵ amazoncryptocurrency.com
⑶ amazonethereum.com

まず、上記3つのドメイン名から分かることは、

仮想通貨(正式:暗号通貨)に関してAmazonがなんらかの動きをしようとしている事がわかると思います。

特に、⑶のamazonethereum.comですが、明らかにイーサリアムと関係がありそうなドメインではないでしょうか?

Sponsored Link

ドメイン登録の信憑性は??

ドメイン登録されたと言われても、それは、誰が登録したか分からないと思います。

ただ、それを調べてくれる”Whois”というサイトが存在します。

実際にそこで調べてみると、以下のとおりamazonethereum.comは管理者が

Amazon Tehnologies, Inc.と記載されています。

ということは、やはりAmazonがイーサリアムを決算手段として登録しようと準備している可能性が高いという事が分かると思います。

Sponsored Link

イーサリアムへの影響度は??

ビジネス向きの暗号通貨であるイーサリアムですが、ここに来てかなりのビックニュースが発信されました。

もし、Amazonの市場が、イーサリアムに入ったとすると約1.1兆円規模の潜在市場をイーサリアムは抱えることになります。

これは、現在(2017年11月)のイーサリアムの総資産の半分程度の市場であり、かなりの影響力です。

従い、イーサリアムの価値が、急騰する可能性が高いと思います。

加えて、このニュースについてはエビデンスがあるため、少し信憑性が高い事から、市場へ与える影響度も大きいかもしれません。

しかし、Amazonからの公式発表ではないこともあり、今後のAmazonの動向はしっかりモニタリングする必要がありますね。

さいごに

イーサリアムは、2017年11月現在市場2位であり、虎視眈々(こしたんたん)とビットコインの市場1位の座を狙っています。

上記に記載したニュース以外にも、システムのアップグレードにより、通貨の価値を高騰させようとしています。

それ以外にも、EEA(Ethereum Enterprise Alliance)というイーサリアムを支援する団体等もあり、今後非常に楽しみな通貨です。

ここに、Amazonまでもイーサリアムを決済手段としてサポートするとなった場合、今後さらなる高騰が期待でいます。

従い、引き続き、ニュースやシステムのアップグレードについて、モニタリングしていく必要がありますね。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

過去のETH関連ニュース

イーサリアムのCasper(PoS)がリリース!!

イーサリアム(Ethereum)の開発者の1人であるVlad Zamfir氏が

Casperという新しいイーサリアム上でPoS(Proof of Stake)を行うための初期バージョンがリリースされたと発表されました。

このCasperというのは、2017年11月現在イーサリアムが採用しているPoW(Proof of Work:仕事の証明)からPoS(Proof of Stake:投資金の証明の選別)に移行するための新しいアルゴリズムです。

この2017年11月22日に公開されたCasperのコードは、メキシコのリゾート地であるカンクン市で開催されたイベントであるDevcon3で発表されたもので、

ブロックがどの様に作成され、イーサリアムのブロックチェーン上にどの様に伝搬されるかを示したものです。

このイーサリアムがPoSを採用するための準備が整ったというニュースが発信された

2017年11月22日からイーサリアムの価値は以下の通り急騰しています。

これから分かる通り、市場としてイーサリアムのPoSを待ち望んでいた事が分かると思います。

詳細については、右記リンクを参照ください。(リンク

イーサリアムが2018年中に160万円を超える!?
米国最大のビジネス誌が発表!!

Redditという英語圏の有名ウェブサイトの共同開発者の

Alexis Ohanian氏が2018年に、イーサリアムは15,000ドル(約160万円)に達するだろうと

英国最大のビジネス誌Fortuneで発表しました。

ビットコインも210万円を超える!?

Alexis氏は、同誌でビットコインについても語っており、

20,000ドル(約210万円)も超えると語っています。(以下原文)

“At the end of the year, Bitcoin will be at $20,000. And Ethereum will be at $15,000. Great, now people can call me out if I’m wrong.”

BTC, ETHの爆上げ予想の理由は?

イーサリアムの強気な爆上げ予想の理由としては、

イーサリアムのプラットフォーム上に人々が多くの分散型アプリを構築しているためであるとコメントしています。

また、ビットコインについては、明確に理由はコメントしていませんが、

ブロックチェーンの革新的な技術について、Web 3.0時代に突入するために必要不可欠な技術であり、

今までのインターネット以上の存在になる可能性があると語っています。

そして、その新しい革新的な技術への投資をAlexix氏の仕事であると語っています。

従い、ビットコインやイーサリアムの強気な予想の裏には、

自分たちで、Web3.0時代のために必要なビットコインとイーサリアムの技術のトレンドをさらに大きなトレンドに自分たちでしていこうと考えているようです。

さすが、仕掛ける側の人として素晴らしい考えですね。

イーサリアムの爆上げ要因??
ビジネス市場を拡大させる!?

イーサリアムの強みの1つであるEEA(Enterprise Ethereum Alliance)という

イーサリアムをビジネスシーンで活用するために検討をする団体であるEEAが、2018年5月2日に、

EEAS(Enterprise Ethereum Alliance Stack)という新しい標準を発表しました。

EEASとは??

EEASとは、Web3.0時代に沿ったイーサリアムベース のビジネスアプリケーションの標準です。

このWeb3.0とは、まだ適用時期等は、明確になっていませんが、

Web3.0では、以下の様な仕様が検討されています。

出典元:http://webdesignmagazine.net

従い、EEASも今現在のスマホ社会に加え、IoT社会やその次の世代の端末にも照準を合わせてプラットフォームを構築したという事です。

EEASによる影響は?

今回のニュースにより、イーサリアムは、

IT関係で現在主流となっているVR(Virtual Reality), MR (Mixed Reality), IoT(Internet of Things)を使った

将来のデバイスにも適用可能となります。

加えて、VR, MR, IoTで新たなサービスを構築し、新しいトークンを活用したいというときにも、イーサリアムを使ったトークンというのが新しく作成される可能性が出てきます。

従い、この標準強化により、さらにプラットフォーム型通貨としての地位を確固たるものにしたと言えるのではないでしょうか。

VR, MR, IoTは、ニュースではよく耳にするかもしれませんが、

なかなか現実味がないという方も多いでしょう。

しかし、2020年くらいには、それが普通の世界になるでしょう。(以下MRのサンプル)

今回のイーサリアムの発表は、上動画の様な世界のための先手を打った行動であり、

イーサリアムの価値が今後さらに高騰する要因になる可能性があると言えます。

従い、非常に興味深いニュースであると言えるのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

イーサリアムの今後の価格高騰に影響か?
Shardingの導入間近!!

イーサリアムの共同開発者の1人であるVitalik氏は、

2018年4月30日に自身のTwitterでShardingの導入が間近であるということを発表しました。

Sharding(シェーディング)とは?

現在イーサリアムは、PoW(Proof of Work)(2.5章参照)というトランザクションの処理方法を採用していますが、

その処理方法を“Sharding”を導入する事で、処理能力の向上が見込めるというものです。

このShardingですが、マイニングを行う端末(PC)をネットワーク上につなげ、トランザクションの承認作業を分散して実行させます。

このトランザクションの整合性の処理を複数マシーンで同時に分散して実行する事で、各端末の作業負荷を分散させるというのがShardingという方法になります。

Shardingの影響は??

イーサリアムのマイニング・ネットワークを形成している端末で分散的に承認処理を実行すれば、

VISAの処理能力を凌駕(りょうが)できるのではないかと期待されています。

もし、VISAを超えるような状況になれば、

イーサリアムは、プラットフォーム型通貨の地位を確固たるものにする可能性が非常に高いのではないでしょうか。

というのも、現在イーサリアムのプラットフォーム上で、多くの分散型アプリ等が立ち上げられています。

その良い例が、現在ICO案件で注目されているトークンです。

イーサリアムは、この多くの分散型アプリの影響によりトランザクション問題が挙げられていますが、

Shardingを実装することで、この問題が一気に解消されるでしょう。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • […] 現状インターネットショッピングで代表的なAmazonは、仮想通貨(正式:暗号通貨)決済の導入について正式発表はしておらず、ネットでの噂が先行している状態です。(リンク:AmazonがETHを導入?) […]

  • コメントを残す