イーサリアムの今後は2020年までにどうなる??EEAに80社以上が参加!!

Sponsored Link

仮想通貨市場において、ビットコインの対抗馬として考えられている

イーサリアムですが、その強みの1つとして、

EEA(Enterprise Ethereum Alliance)という団体があり、そこではイーサリアムをどの様に利用していくか、

どの様な問題点があるのかという事を協議していく団体があります。

その団体についてのニュースが発信されていましたので、紹介します。

Sponsored Link

イーサリアムの今後は2020年までにどうなる??
EEAに80社以上が参加!!

イーサリアムの強みの1つである、EEAですが、以下ツイッターで紹介されている様に、

2018年2月2日に、80社以上の企業団体が、EEAに参加する事を表明しました。

これにより、さらにイーサリアムの需要拡大が見込まれると考えられます。

イーサリアムは、今現在も、イーサリアムベースのICOが続々と製作され、取引所にも上場しています。(例:ICO Hero

従い、今後各市場のニーズにあった管理が行われ、

そのデータをもとに、次のサービスの提供が検討されていくと考えられます。

そのサービス検討のためにも、イーサリアムの持つ汎用性と

「何を」「どの様な条件で購入したか」

という事が分かるスマートコントラクトという機能が非常に重要となってくるのではないでしょうか。

Sponsored Link

EEAに参加した団体による影響は??

今回EEAに参加した国は、以下図の通りです。

出典元:https://www.trustnodes.com/2018/02/01/amd-ey-kaspersky-pfizer-80-others-join-enterprise-ethereum-alliance

今回の参加団体は、ブロックチェーン関連企業や、マイニング関連企業など

多くの企業団体が参加表明しています。

私がこの企業団体の中で、気になったのは、以下の2つです。

❶ カナダロイヤル銀行
❷ ジブラルタル自治政府

まず、❶ カナダロイヤル銀行は、銀行カナダ五代銀行の1つである、世界でも有数の金融グループの1つです。

また、すでにリップルのプラットフォームへの参加も実施しており、EEAに参加表明する必要性が分かりませんでした。

しかし、ここに参加するという事は、現状のリップルでは賄(まかな)いきれない機能があるため、

独自の通貨を構築するのか、もしくは、イーサリアムに対して何かの要望があるのではないでしょうか。

加えて、❷ ジブラルタル政府は、イギリスの海外領土であるジブラルタルで民主的選挙により構築される政府です。

この様な政治団体が、参加するという事は、やはり選挙や要望、資金の流れの透明性等を求めるためのソリューション(解決策)を

イーサリアムに対し、求めて参加されている可能性があります。

この様に、仮想通貨関連のブロックチェーンやマイニング団体だけでなく、

金融や政治の世界の要望(ニーズ)を取り入れて、市場拡大を図っているイーサリアムには、今後も期待が大きいのではないでしょうか。

また、リップルの市場である金融市場にも今後参加していくとなれば、イーサリアムの機能アップ(トランザクション問題の解決)が必要となり、

その対応の結果次第では、さらに価値に影響する要因の1つとなるのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

イーサリアムは、他の通貨と比べて、スマートコントラクトがあるという事で優位性がありますが、

今は、このスマートコントラクトの機能を持っている通貨というのは、多く存在します。

しかし、その通貨よりもさらなる優位性があるとすれば、やはりこのEEAというイーサリアムについて、検討する団体の存在ではないでしょうか。

このEEAという団体から要望(ニーズ)により、イーサリアムの機能アップや

市場拡大が浸透していく事で、イーサリアムの需要はどんどん拡大していく可能性が高く、

今後も非常に楽しみですね。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ bitFlyer作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼