イーサリアムの購入は今がチャンス!!2020年までにさらに高騰する!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年10倍以上価値を高騰させたイーサリアム(Ethereum)ですが、2018年さらに飛躍の年となりそうなニュースが入っていましたので、紹介します。

Sponsored Link

イーサリアムは2020年までに高騰する??
EEAがさらに追加ワーキンググループを開始!!

イーサリアムの大きな強みの1つは何と言っても、EEA(イーサリアム・エンタープライズ・アライアンス)です。

日本からはあの世界のTOYOTAも参加しています。

このEEAが最近以下の分野に焦点を当てた、ワーキンググループを立ち上げたそうです。

❶ 他システムとの互換性
❷ デジタル独自性
❸ エネルギー

この3つはイーサリアムがビジネスシーン(企業間取引)に特化した通貨として市場を独占していくために、欠かせない要素の3つとなります。

リップルは金融市場を独占し、イーサリアムが企業間ビジネスに特化した市場を独占するという意味で、今後非常に重要なワーキンググループになるでしょう。

例えば❶(他システムとの互換性)は、今後ブロックチェーンがインターネットに変わる技術として活用されていく場合、イーサリアムのブロックチェーンも数多くあるブロックチェーンの中の1つとなるわけです。

というのも、ブロックチェーンは、仮想通貨だけでなく、今後各会社のインフラとして活用されてくる可能性もあるからです。

このブロックチェーンの中の1部のデータをビジネスシーンでデータ転送したいとなった場合に、ブロックチェーンのプラットフォームの汎用性が特に必要となります。

それがないと、企業間でデータのやり取りをするたびに、データのフォーマットを変える必要があり、使えないプラットフォームと成り下がってしまいます。

❷(デジタル独自性)に関しては、イーサリアムとして、他の通貨に比べどのような特徴・利点があるのか?

これがアピールできない限り、今後シェアーを拡大させることは難しいでしょう。

❸(エネルギー)については、マイニング業界、国際貿易、公益事業、配電業、石油、ガスなど多くの分野にイーサリアムのプラットフォームが注目されています。

これらの業界は、現在データが多すぎて、なかなか扱いきれていない現状をお金とそれに関連するデータをイーサリアムのプラットフォームを利用する事で、関連づけられる可能性があるとして注目しているようです。

Sponsored Link

イーサリアムの2020年までの展望は??

イーサリアムのEEAは2017年2月に発足以来、世界銀行、中央銀行、民間企業、医療サービス、エネルギー生産などの300社近いパートナーを集めて、意見交換を行っています。

この300社近い会社により困り事、要望へのソリューション(解決策)を検討・構築する事が推し進めています。

従い、他の通貨よりも、イーサリアムは、多くの産業のニーズ(要望)に対しての対策をダイレクトに取り組めており、今後が非常に楽しみになる通貨ではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

私自身、本業でAI(人工知能)に関連する業務にも携わっており、毎度のことながら、AIを使用して何をしたいのか?

というところに立ち返ります。また、簡単そうで、ここが非常に難しいです!!

結局ニーズ(要望)がないものを作ったとしても、それはただの自己満足であり、あまり意味がないものになってしまうからです。

仮想通貨(正式:暗号通貨)も同じで、イーサリアムを用いて、各産業が何をしたいのか?という事を議論できる環境を持っているイーサリアムは、他の通貨に比べ非常に大きなアドバンテージがあると考えられます。

例えば、エネルギーワーキンググループでいうと、石油、石炭の貿易関係において、オーストラリアの出荷時点においての石炭の性質(性状)と日本で入荷時点の石炭の性質が大きく異なっており、使えない石炭で困っているという事があれば、

その出荷時点と入荷時点の過去のデータをイーサリアムのプラットフォーム(ブロックチェーン)上に全て記録し、データを解析する事で、この時期の石炭であれば、消費者として購入しても良いのか悪いのかという判断もできるようになります。

結果として、望まない買い物をしなくてよくなるわけです。

ここで示したのはあくまで1例であり、多くの産業において、類似の困りごとや要望があれば、

それをどんどん反映していける環境を持っているイーサリアムは、どう考えても、大きなアドバンテージを持っていると考えられます。

従い、今回の新しいワーキングループも今後非常に楽しみになるニュースと言えるのではないでしょうか。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

注目

ちなみに、もう遅いし、よく分からないから仮想通貨(正式:暗号通貨)投資をやめておこうという読者の方がいましたら、

ちょっと待ってください!!

本当に良いのですか??

仮想通貨(正式:暗号通貨)が高騰する本番は、2018年これからですよ!!

すでに、世界の有名アナリストの予想を超えるスピードで高騰しています!!

みなさんの周りを見渡してみてください。

投資している方はいますか?

少ないか、いないのではないでしょうか?

株の様にたくさんの資金を投資する必要はありません!

小遣い程度でも十分です!

資産の一部を使い、ビットコインを初めとする仮想通貨への投資を始めてはいかがですか?

もし、不安等があれば、LINEの友達追加していただければ、私の分かる範囲で、ご教示します。

おそらく、私は、みなさんに凄く近い立場であり、サラリーマンと副業でネットビジネスをやっています。

不安な気持ちも分かりますが、今のまま立ち止まっていても、未来は変わりません。

仮想通貨取引用のアカウントの作成は無料です。まずそこから始めてはいかがでしょうか?

以下リンクに、アカウントの作り方を載せています!!
ぜひ参照ください!!

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link