イオス(EOS:仮想通貨)の将来性は?取引スピードでVisaを上回る!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

イオス(EOS:仮想通貨)の将来性は?取引スピードでVisaを上回る!!

仮想通貨のランキングで2018年6月になんと堂々の一位を獲得した

イオス(EOS)ですが、

2018年7月20日にイオスは2,822トランザクション/秒(TPS)に達し、

その後、最高値は3,097トランザクション/秒(TPS)に達した

EOSのネットワークを監視しているサイトで発表されていました。

EOSのトランザクションスピード向上の影響度とは??

EOSが3,000トランザクション/秒と言われても、

いまいちピンとこないかもしれませんので、他の通貨を例として出してみると以下の通りです。

・BTC:約7トランザクション/秒
・ETH:約15トランザクション/秒
・XRP:約1,500トランザクション/秒

また、仮想通貨が今後爆発的に普及するために、抑えておかなければならない

クレジットカードのトランザクションスピードは以下の通りです。

・Visa:約2,000トランザクション/秒

この様に、競合通貨やクレジットカードとの比較をすれば

今回のイオス(EOS)の驚異的なトランザクションスピードが

どれだけのものか分かると思います。

また、イオス(EOS)は、数日前に

1,000トランザクション/秒を越えた後、

すぐにEOSネットワークは3,000トランザクションの記録を破りました。

なので、今回出された驚異的なトランザクションスピードは、

将来的にさらに大きくなる可能性があり、期待の大きい通貨である事が読み取れるでしょう。

Sponsored Link

さいごに

イオス(EOS)は、すでに仮想通貨ランキングでも一位を獲得しており、

期待の通貨である事が分かります。

また、仮想通貨本来の目的である通貨としての機能を

確実に向上させており、複数のブロックチェーンを1つのシステムとして並行して動作できる事から、

ブロック作成をさらに高スピード化可能であり、

理論上は数百万トランザクション/秒に達する可能性もあるという事です。

まず、当面の仮想通貨の通貨というツールでの競合はクレジットカード業界でしょうから、

このトランザクションスピードを超えて来たというのは非常に素晴らしいニュースではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

Sponsored Link

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

 

Sponsored Link

2 件のコメント