英語の発音のコツ!!たった6つだけ!!上達間違いなし!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

英語を勉強する以上ネイティブと同じように話したい!!あんなに話せたらカッコイイ!!羨ましい!!という憧れは絶えないと思います。

正直、自分がネイティブと何の抵抗もなく話していたら、周りから注目の的だと思いませんか??

そのためには、発音が大事になってきます!
ここでは、その発音で注意する点を説明したいと思います。

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

英語の発音注意点とは!?

英語の発音で気をつけるの基本は、

R,L,V,B,F,TH

くらいです。意外に少ないでしょ??

この程度ならいけると思いますよね??そうです。いけます!
では、詳細については、以下を参照ください。

英語の発音その⑴ RとLの発音

皆さんもよく聞きますよね!?

日本人はRとLの発音の聞き分けと使い分けができないと。

私も初め全くできませんでした・・・。

ただ、今は完全にRとLを使い分けています。ちなみに、これは、英語を仕事でよく使う社会人の人でも使い分けできていない人が大半です。

なので、できないからと言って全く心配無用です!

ただ、冒頭で話したネイティブと対等にクールに会話するためには、必要です!
実際、ネイティブと会話するためには、ある程度の適切な発音をしないと、本当に伝わらないです。。。

そこで、まずRとLの発音について、説明します。以下の図で説明します。

Lの発音はカタカナ発音に少し似ているため、問題ないと思うのですが、問題はRの発音です・・・。

Rの発音は、日本語のどの発音にもないため、舌の筋肉がつくまで少し難しいです。

したがって、なかなか出来なくても全くくじける必要はありません。

そして、図のコメントにも記載した通り、ポイントは犬が威嚇するような

「ヴゥゥゥゥゥゥ」

という音を出す事です。

この点を注意すれば、アナタもRとLのマスターです!

R発音に少し慣れたら、「girl」と「really」という発音を練習しましょう。
ただ、文章だけでは、「girl」「really」の発音はイメージしづらいでしょうから、一度以下動画を見て、動画のイメージとR発音の「ヴゥゥゥ」を意識し、発音練習して見ましょう。

 

Sponsored Link

特に「girl」「really」は、RもLも入った基礎単語になりますし、これをかっこよく発音できれば、もうバッチリです!

それだけで、英語を話すことに自信が出てきますので、英語熱も向上するはずです!!

ちなみに、シャドーウィングの練習をする際にもこれを意識してする事で、よりネイティブに近い発音になれますので、絶対試してください。

シャドーウィングに関する記事は右記からアクセス可能です。(リンク

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

英語の発音その⑵ VとBの発音

日本語では完全にVとBの発音は同じですし、中学時代、英語の日本人講師が色々説明してくれていましたが、その先生の発音自体全く使い分けができていなかったので、私にとって、何が違うかチンプンカンプンでした。

皆さんは何が違うかわかりますか?

それは、Vの場合下唇を前歯で軽く噛み「ブイ」と発音するのではなく

「ヴィー」

と発音することです。さらに、Vは、カタカナで書くと以下のようなイメージで発音してください。

「ヴゥゥゥゥゥゥィイーーーー」

このゥゥゥの箇所で下唇を前歯で噛んだまま、振動させ、「イ」の瞬間に下唇から前歯を離すイメージです。

少し絵を描いて見ましたので、以下図からV発音をイメージしてください。

それに比べ、Bの場合は、カタカナ読みのまま「ビー」と発音します。
▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

Sponsored Link

英語の発音その⑶ F(Ph)の発音

FまたはPhの発音は少しVの発音に似ています。F(Ph)もV同様に下唇を前歯で噛みます。カタカナ読みで「エフ」の「エ」はそのままカタカナ読みですが、「フ」の瞬間に下唇を噛み発音してください。

F、V、Bの発音について纏めたちょうどいい動画がありますので、上記内容を頭に入れて動画を見て、練習して見てください。

英語の発音その⑷ Thの発音

Thの発音は単語全体の発音により大きく左右されます。例えば「That」であれば、「Th」は「ザ」という様な発音になりますし、「Thank」のような発音であれば「サ」のような発音になります。

そのため、これと言った発音がないのですが、舌の使い方が特徴的です。
この舌の動きさえ覚えておけば、あとは特に難しくありません。以下は「That」をイメージした発音の仕方です。

▽▽▽▽▽▽
人気 英語関連記事

tをdと発音する

アメリカ英語の場合、母音と母音に挟まれた「t」「d」と発音するパターンがあります。
例えば、

letter: レターではなく、レダーと発音。
better: ベターではなく、ベダーと発音。

上記のように、通常の発音の仕方とは少し異なって発音します。

単語と単語をつなげて発音する

単語と単語をつなげて発音するとは、例えば以下のような感じです。

What do you like?
ワット ドゥー ユー ライク

ではなく、

What do you like?
ワット ジュー ライク

と発音します。
これは、いろんな文章を聞いて、発音パターンを頭に入れるしかありません。
でもパターンさえ頭に入っていれば、だいたい文章を予想する事ができます。

さいごに

原理と特殊性を理解してしまえば、そんなに難しくないですよね?

この特殊性の発音を理解し、単語のスペルに合わせて発音を練習していけば、日本人の領域を超えた発音をすることは、難しくありません!!

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック
Sponsored Link

コメントを残す