デビットカードに仮想通貨を導入??一気に決算プロセスに変革が起こるか??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年は仮想通貨元年と言われていますが、決済インフラが整わない限り、なかなか「本当の流通」とは言えないと思います。

そんな中、デビットカードの引き落とし先に、仮想通貨(正式:暗号通貨)を取り入れるという英文記事がありましたので、紹介します。

デビットカードとは??

参考文献:https://cointelegraph.com/explained/what-are-cryptocurrency-debit-cards-explained

読者の皆さんは既に、ご存知なのかもしれませんが、私自身デビットカードというものを所有していませんし、いまいちデビットカードの定義がわかっていませんでしたので、ここでは、まず簡単に紹介します。

おそらく、多くの方は、クレジットカードというのは、ご存知かと思います。

ただ、デビットカードは、クレジットカードほどの認知度がないかと思いますので、クレジットカードと比較し紹介します。

比較表は以下のとおりです。

上表より分かるとおり、デビットカードは、即払いが可能で、イメージとしては、銀行口座からそのまま引き落とされるツールといった感じです。

Sponsored Link

デビットカードへどのように仮想通貨を導入!?

デビットカードは上表で示したとおり、通常銀行から発行されるカードであり、銀行口座とリンクし、お金が支払われます。

ただ、仮想通貨(正式:暗号通貨)用のデビットカードは、カード自体に仮想通貨を預金する事ができる様になっています。

この仮想通貨用のデビットカードは、ブロックチェーンの世界の中で最近開発されたものであり、このデビットカードは、日々流通や市場の拡大をしている仮想通貨(正式:暗号通貨)の決済プロセスの問題点の対策として講じられたものになります。

現在徐々に流通はしていますが、まだまだ法廷通貨(例:円、ドル)やクレジットカードに比べると決済の流通は劣っているため、このデビットカードの流通が拡大すれば、今の法定通貨やクレジットカードに取って代わる起爆剤になる可能性は十分あります。

Sponsored Link
・仮想通貨に興味がある方  → クリック

 

仮想通貨適用のデビットカードは、何に役立つか??

仮想通貨の元々の目的は、送金手数料の低減です。現在デビットカードを使用した場合でも同様で、通常のデビットカードで海外送金をした場合は、手数料として、2−3%の手数料が取られていましたが、仮想通貨を利用する事で、この点が解消されます。

また、上記は利用者側の利点でしたが、提供者側(店側)の利点として、仮想通貨で商品を購入された場合は、店側も通常は仮想通貨で代金を受け取ることになります。

ただ、店として経営報告する必要があるので、円に換金することになります。この場合、該当の仮想通貨の価値が上がれば、店としても売り上げが何もしていないのに、上がったことになります。

ただ、下がった場合は、損をしますし、換金する手間も増えてしまいます。
そのため、もしデビットカードの決済を導入すれば、店側は今までのクレジットカード同様に決済し、その代金は、デビットカードの提供メーカが換金することになるため、導入側としても特に大きく考える必要がなく、店側への負担も軽減されると予想できます。

Sponsored Link
・仮想通貨に興味がある方  → クリック

実際のデビットカード導入例:マクドナルド

上記で説明した通り、デビットカードも徐々に普及を見せていますが、まだまだ一般的には、知られていません。

そのため、どのように導入しており、便利なのか、以下動画をご覧ください。

以下の動画を簡単に解説すると、まず以下の流れになっています。

(1) マクドナルドの自動販売に並び、好きな商品を注文。
(2) 支払い方法について、クレジットカードを選択。
* おそらく、ここでは、デビットカードもクレジットカードと同種として扱われているのでしょう。
(3) デビットカードを挿入後、Walletアプリを起動。
(4) Walletアプリからデビットカードを認識させ、好きな仮想通貨から、スマホのWalletアプリを使用し、商品の代金を送金。
(5) 最後に実際に送金されているか確認

・仮想通貨に興味がある方  → クリック

 

さいごに

前章までの説明の結果、デビットカードは、やはりとても便利なツールであることが、分かります。
ただ、まだまだ普及は進んでいないのが現状です。

その第一の理由として、現在各店舗で使用している支払いツール(例:クレジットカード読取機)が使用できず、新しい機器を導入しなければならないと言う点が挙げられます。

そのためにも、クレジットカードとの読取機の共有やデビットカードの利用価値をアピールしない限り、普及は難しくなってしまい、決算手段の革新が遅れてしまうかもしれません。

最後まで購読ありがとうございました。

・英語が上達したい方    → クリック
・仮想通貨に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

コメントを残す