仮想通貨の今後はさらに注目される!!三菱UFJ信託が取引所破綻リスクを備える!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年はビットコインをはじめとする仮想通貨ですが、やはり参入していない方にとっては、よく分からない、怪しいというという事から、

仮想通貨(正式:暗号通貨)への投資に対して二の足を踏んでいる方も多いと思います。

そんな中、その意識が変わる可能性があるサービスについてのニュースが発信されていましたので、紹介します。

これにより、2018年は飛躍の年になる可能性がありますね。

Sponsored Link

仮想通貨の今後はさらに注目される!!
三菱UFJ信託が取引所破綻リスクに備える

仮想通貨(正式:暗号通貨)の取引所が破綻された場合、利用者の通貨を保全する仕組みを三菱UFJ信託銀行が2018年4月から始める計画と発表しました。(以下ツイッター参照)

三菱UFJは投資している投資家の財産はそのままとして、別勘定で三菱UFJが資産管理するという世界初の手法のサービスを構築し、

2017年12月に特許を出願しました。

もし、金融庁が仮想通貨を信託の対象となる財産の一種として認めれば、三菱UFJは2018年4月にもサービスを始めるとのことです。

Sponsored Link

三菱UFJは仮想通貨をどの程度保証するのか??

現在、仮想通貨(正式:暗号通貨)の取引は、取引所に売買の注文を伝えると、取引所はその売買注文を記録し、取引に応じて投資家の仮想通貨の保有高が増減します。

ただ、取引所が破綻した場合や、取引所の関係者が不正を働いたりした場合、三菱UFJでは売買記録に基づき、投資家の保有する仮想通貨を保証するというのがサービスとなります。

従い、仮想通貨を怪しいということで有名にしたマウントゴックスによるビットコインの横領という事件がありました。(以下ツイッター参照)

この様なマウントゴックによる横領事件に対しても、三菱UFJが保証してくれるということで、安心度が増すのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

今回のニュースは非常に投資家心理をつくサービスであり、三菱UFJ信託というビックネームがサービスを構築し、特許申請が承認されれば、

他国でも同様のサービスが実施される可能性は高いのではないでしょうか。

これにより、さらにビットコインをはじめとする仮想通貨が流通する可能性は高く、非常に楽しみだと感じます。

先物取引の時も一気に価値を高騰させましたが、同様に価値を高騰させる可能性もあるのではないでしょうか。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link