仮想通貨(暗号通貨)の詐欺対策!危険を回避できるか??

仮想通貨(正式:暗号通貨)において、やはり怖いのはセキュリティの脆弱性でしょう。

もともと、ブロックチェーンは匿名性という点でセキュリティ性が高いものではありましたが、

さらなる強化を図る手段について、オランダの金融グループが発表していましたので、ここでは紹介します。

Sponsored Link

仮想通貨(暗号通貨)の危険回避とは??

文頭でも説明した通り、暗号通貨のセキュリティ性の向上の手法として、新たなる手法について、

オランダのアムステルダムに本社を構え、世界50カ国以上の銀行業務を展開するING社が

ゼロ知識証明のブロックチェーンへの適用を発表しました。

このゼロ知識証明とは、自分自身が相手の秘密(パスワード)を知っていることを相手に伝えずに、

パスワードを知っている事を伝える相手に暗号化技術です。

例えば、私が、あなたの名前を知っているとしましょう。

しかし、あなたの名前を知っているという事は伝えず、あなたに関する周り情報(例:母親の名前、過去の情報等)を伝える事で、私の名前も知っていると伝える技術です。

これをデジタル化し、定型化したのが、ゼロ知識証明です。

仮想通貨(暗号通貨)のプライバシー問題

ビットコインを含む暗号通貨は匿名性が高いと言われていますが、

完全な匿名ではありません。

例えば、ビットコインは、送金取引の際に、ビットコインアドレスから送金社個人の特定は難しいですが、

利用するウォレットや取引所、IPアドレスなどのデータから個人や組織が特定される可能性はあります。

Sponsored Link

イーサリアムは既に実装

実はこのゼロ知識証明というのは、イーサリアムがメトロポリスを実装した際に、既に導入済みのものです。

このゼロ知識証明により、イーサリアムは、セキュリティ性において、現在暗号通貨市場でトップクライのセキュリティ性を確保しており、

注目度が増しています。

それくらい、セキュリティ性については、全世界から注目されているものでもありますし、

企業向けであれば、なおさら注目していますし、次世代の通貨として絶対に対応する必要がある項目です。

Sponsored Link

さいごに

ゼロ知識証明について、ING社がモジュール(実装可能なソフト)を作成したのであり、

セキュリティの向上を求めているビットコインや他の暗号通貨への適用も可能かもしれません。

さらに、この技術は、マスターカードやVISAカードと言ったカード会社や各種金融機関も必要としている技術であり、

どこかの分野で展開された後は、加速度的に展開されていく可能性が高いです。

従い、普及への追い風となる可能性のある楽しみなニュースですね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す