仮想通貨の2018年は高騰か!?日本のGDPも上昇!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

仮想通貨(正式:暗号通貨)の2018年がどの様になるか期待されていますが、その期待が高まるニュースがありましたので紹介します。

Sponsored Link

仮想通貨の2018年はさらに高騰か!?
日本のGDPも上昇!?

2018年の仮想通貨の動向は非常に注目されています。

そんな中、野村証券のアナリストである西門義之氏と宮本和樹氏が

2018年の最初の4半期における、日本のGDP(国内総生産)はビットコインの収益により0.3%上昇させるだろうと予想していました。

GDPの高騰が経済状況へ与える影響は??

野村証券のアナリストが予想していたGDPの0.3%増について、もう少し詳しく見てみると、

2017年の日本の名目GDPは、約540兆円です。

その0.3%が上昇するということは、1600億円ほどGDPを上昇させるということになります。

ちなみに、野村証券のアナリストによると資産価値が100億円上昇するたびに、消費は2〜4億円まで高騰すると考えられています。

従い、単純計算で32〜64億円程度の消費が、仮想通貨により影響を与えられる事になります。

よって、2018年に仮想通貨の価値をさらに高騰させることで、日本の消費にも大きく影響を与える可能性があります。

さらには、海外旅行者が増えることで、本来の目的である仮想通貨の通貨としての利用が増える可能性もあり、消費に与える影響も大きくなる可能性を秘めています。

結果として、日本経済へ影響を与える可能性は想像以上に大きくなる可能性絵を秘めているのではないでしょうか。

Sponsored Link

マレーシアはビットコイン取引を禁止しない

マレーシアでは、ビットコイン取引を禁止しないと第二財務大臣が明らかにしていました。

マレーシアの第2財務相は、大衆に有益であると認識されている技術を阻止することは、望まないと語っています。

この対応の影響度が、先進国等へどの様な影響を与えるか注視していく必要がありますね。

日本政府にとってもGDPをこれだけ押し上げる存在の仮想通貨(正式:暗号通過)を今後禁止し、日本の消費にも影響を与えることは、望まないでしょう。

従い、中国の様な禁止という対応は難しいのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

仮想通貨(正式:暗号通過)の影響度は、日本のGDPに大きな影響を与えるまでに成長しています。

GDPが増加することによる、消費への影響度は政府としても見落とせない事実でしょう。

これは、今後日本だけの話ではなく、米国、ヨーロッパと拡大していくのではないでしょうか。

従い、2018年は政府の動きにも注視する必要がありますが、政府も安易に仮想通貨の取引禁止というのは、言いづらい現状になっていることがわかるかと思います。

よくこんなのは長続きしない、政府もすぐに介入し禁止するのではないかと世間で言う人も多いですが、この様な事実もしっかり見極めた上で、政府の動きを見ていくことで、世間の不要な情報に左右されず、次への判断材料となるのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

注目

ちなみに、もう遅いし、よく分からないから仮想通貨(正式:暗号通貨)投資をやめておこうという読者の方がいましたら、

ちょっと待ってください!!

本当に良いのですか??

2018年はリップル(XRP)の年になるかもしれません!!

すでに、世界の有名アナリストの予想を超えるスピードで高騰しています!!

みなさんの周りを見渡してみてください。

投資している方はいますか?

少ないか、いないのではないでしょうか?

株の様にたくさんの資金を投資する必要はありません!

小遣い程度でも十分です!

もし、不安等があれば、LINEの友達追加していただければ、私の分かる範囲で、ご教示します。

おそらく、私は、みなさんに凄く近い立場であり、サラリーマンと副業でネットビジネスをやっています。

不安な気持ちも分かりますが、今のまま立ち止まっていても、未来は変わりません。

仮想通貨取引用のアカウントの作成は無料です。まずそこから始めてはいかがでしょうか?

以下リンクに、アカウントの作り方を載せています!!
ぜひ参照ください!!

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

1 個のコメント