中国のビットコイン取引再開で普及率に変化があるか??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年10月31日にOKExとHuobi Proは中国での仮想通貨(正式:暗号通貨)の取引再開を公開しました。(詳細:リンク

その影響が徐々に出てきました。

それについて、紹介します。

Sponsored Link

OKExとHuobi Proが取引再開!市場を変更!

右記リンクでも紹介しましたが、中国の代表的な取引所であるOKExとHuobi Proは、暗号通貨の取引を再開しました。

この再開を機に、OKExとHuobi Proは、メインの市場が中国のみでしたが、海外に市場を拡大し、取引を再開しています。

その際に、もともと「暗号通貨」から「暗号通貨」への換金のみを許容していましたが、それについて、機能を増やし、

「法定通貨」から「暗号通貨」についても許容するようになりました。

というか、今までなかったのが不思議ですが。

Sponsored Link

なぜ取引可能となったのか?

もともと、中国で取引を停止していた理由としては、中国政府が、マネーロンダリングへの対策やICO案件の詐欺を未然に防ぐなど色々と取り沙汰されていました。

そして、まだその規制は緩められていません。

では、どのようにして対応できるようになったかというと、OKExやHuobi Proは本社を以下の通り海外に設立し、中国の帰省から逃れています。

OKEx 香港 元:OKCoin
HuobiPro シンガポール 元:Huobi

上記のように、国外に拠点を置くことで、中国からの規制から逃れています。

中国での取引再開の影響度は?

2017年11月1日からの取引再開に際し、OKExのディレクタであるLennix Lai氏のコメントによると、アカウント登録が

約8,000アカウントの申請があったようです。

Lennix Lai, financial market director at OKEx, said the platform has received around 8,000 user applications for account registration since the new service’s launch on November 1.

それだけ、中国で大きな需要があることがわかりますし、新しいアカウントという事は、新しい資金が流入することがわかると思います。

もし、アルトコインから資金が流れている場合、暗号通貨市場の総資産は増えませんが、

暗号通貨市場全体の総資産も高騰していることから、新しい資産が流入していることが分かると思います。

Sponsored Link

さいごに

今回の中国市場の再開は、まだまだ始まったばかりです。

そして、その影響度がどれだけ大きいか分かったのではないでしょうか?

またGDP(国内総生産)第二位の経済資金が流入した場合の影響度は、半端ではないでしょう。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

コメントを残す