子供英語はいつから始めるのがいい??親必見!臨界期を把握しろ!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

 

こどもの英語教育について、どのようにしたら良いかという記事を以前記載しました(リンク)が、実際いつ頃から実施すればいいのか?という疑問も残っていると思います。

そのため、ここでは、いつから始めるのが良いのか記載していきたいと思います。

 

英語をいつから始めさせたい?また、親として英語を身に着けてほしい??

英語をいつから始めさせたいか?また、本当に英語の需要を保護者の多くが感じているのか?という疑問があるかと思いますが、実際にPresidentという雑誌にそのアンケート結果が掲載されていましたので、以下の通り記載しておきます。

①「わが子に英語を身に付けさせたい?」

身に付けさせたい(身に付けさせた、身に付けさせている)…84.3%

身に付けさせたいとは思わない(身に付けさせていない、身に付けさせなかった)…4.5%

わからない…11.2%

②「英語はいつ身に付けるのが良い?」

幼児期…27.9%
小学生…25.5%
中学生…14.9%
高校生…12.3%
大学生… 9.4%
社会人で必要に迫られたとき…8.3%
社会人になってすぐ…1.7%
(プレジデントFamily 2013年4月号より)

上記の結果から分かるように、やはり英語を身に付けてほしいと感じている親は、ほとんどであり、実際に英語を身に付けるには、いつが良いのか?というアンケートでも小さい時から始めようと考えている親が過半数を占めているようです。

Sponsored Link

 

いつから英語を始めるのが良い??

では、実際に、いつから英語を学習し始めればよいのか?その事についても、教育メーカ調べがありましたので、載せておきます。

まず、幼児期から英語を学ぶことのメリットとして挙げている内容として以下があります。

(i) 幼児期は耳が良く、音を素直に聞き取れる
(ii) 「遊び」の中で英語を吸収できる
(iii) 幼児期から始めると英語が得意になる
(2013年こどもちゃれんじEnglish編集部調べ)

これで分かるように、英語を幼少期からやらせるときは、やはり興味を持たせることが第1という事です!

なにを英語教育で実施させる?大切な臨界期とは?

英語教育を実施させるうえで、幼少期からさせる事が、子供にとってはとても重要です!特に子供教育で臨界期までに適切な教育をしてあげる事で、後々の人生で大きく楽に物事を吸収できます。

ちなみに、ココでいきなり出てきた、臨界期という言葉は、以下の様な意味です。

臨界期とは、各教育をする上で大切な時期を意味します、言語(0歳~9歳)・運動能力(0歳~4歳)・絶対音感(0歳~4歳)・数学的能力(1歳~4歳)と言われています。臨界期に、適切な刺激を与え、脳が記憶をしておけば、その後でもちょっと練習をするだけで、ごく自然に簡単に同じ事が出来るようになります。

子供教育の中で、少し内容は異なりますが、スキャモンの成長曲線の記事(リンク)を記載しました。

この記事にも運動に関し各年齢で適切な指導法がある事を記載しましたが、上記も同様の意味合いです。

ここで、保護者として理解しなければならないのは、各年齢で適切な指導が必要であり、言語(英語)の臨界期は9歳!までです。

ここまでに言語(英語)の教育を進めていれば、後々少し復讐するだけで簡単にマスターする事ができやすくなります。
また、英語教育で何をさせればよいのか?それは(i)~(iii)までの幼少期の特性を活かした教育です。

要は遊びの中で耳を使い、音楽の様な感覚で英語学習を取り入れるという事です!

実際に、どの様な教材があるか次の章で説明します。

Sponsored Link
・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

 

実際にどのような教材があるの??

では、どの様な英語学習があるのか?
それは以下の様な教材・英語教育です。もちろん他にもありますが、代表的な教材を以下に記載しています。

(a) ベネッセのこどもちゃれんじEnglish
(b) オンライン英会話 低価格と分かりやすいサポートで注目されているDMM英会話
(c) 通塾スタイルの代表的存在 全国に1万教室以上あるECCジュニア

また、価格面では以下の様な感じです。もちろん、以下は一例であり、各年代ごとに少し価格は変わってきますので、最新情報は、各ホームページよりご確認ください。

(*1)あくまで、価格を比較しやすいように、「ベネッセのこどもちゃれんじEnglish」の2年契約に他の英語教育の契約年数を合わせたものです。

これを見ると、価格面では主にDVDを使った教育のベネッセが安価な事が分かります。

また、(b) オンライン英会話 DMM英会話に関しては、Skypeを使うオンライン教育です。そのため、幼少期の教育として、画面の1人の先生しかいないため、興味を引くという点で少し弱いかもしれません。

その点、(c) ECCジュニアは、グループ教育である事と、ネイティブもいる事、さらに、色々なゲームを織り交ぜた教育のため、とても効率的に英語が入ってくると思います。

ただ、一番安価な(a) ベネッセのこどもちゃれんじEnglishに関しては、DVDを使った教育です。これは、どこでも見せる事が出来ますし、繰り返し同じ内容の動画を子供へ刷り込むことが出来ます。

例えば、車の中、家の中、出先いろんなところで、このDVDを子供に繰り返し見せる事で子供の長期記憶に残すことが出来ます。長期記憶の記事に関しては、以下リンクを参照ください

リンク-1:短期記憶を長期記憶へ!実例紹介!
リンク-2:自己啓発のための準備(短期記憶、長期記憶)

ここで、何度も見せる事で、覚えた記憶は、完全に子供の物となりますし、幼少期に大事な発音や英語への興味という点でもとても簡単で、効果的です。

Sponsored Link

 

さいごに

子供の時の英語は、マスターさせるというよりも、長期記憶へ刷り込むこと、そして興味を抱かせる事、ある程度マスターしたら次のステップに進むという事も良い例だと思います。

特に臨界期の間に子供に刺激を与える事で、今後子供が大きくなったときに、その分野でスムーズに成功する事が出来る可能性が高くなってきます。

ぜひこの事を理解して、親として教育していくと良い道へ進むと思います。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック
Sponsored Link

コメントを残す