キャッシュレス決済が大幅に進む!?仮想通貨への追い風か??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓無料副業情報&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

キャッシュレス決済の代表格として、日本人にとって馴染み深いのは

クレジットカード決済やSuicaなどで有名な電子商取引があります。

この決済手段の浸透状況が世界と比較し、どうなのか??

また、この浸透状況により、仮想通貨の拡大がどうなのか??

その事について、ここでは紹介します。

Sponsored Link

キャッシュレス決済が大幅に進む!?
仮想通貨への追い風か??

キャッシュレス決済と聞くと、まず頭に浮かぶのは、

クレジットカード決済と電子商取引でしょう。

日本でも大きく浸透していると認識している方も多いと思いますが、

実際には、日本のキャッシュレス決済と法定通貨の利用比率は、世界の先進国と比較して、

非常に少ないというのが現状です。(以下図参照)

日本人にとってのキャッシュレス決済の代表格は、やはりクレジットカードやデビットカードであり、

利用の足かせになっているのは、送金手数料です。

しかし、日本と比較して、キャッシュレス決済が浸透している中国では、

クレジット決済よりも、アリペイなどのスマホ決済が、有名であり、お金を使う側も受け取る側も手数料がほぼ0円というシステムを中国全土に広げたため、大きく市場を拡大させています。

Sponsored Link

仮想通貨は浸透するのか??

日本において、キャッシュレス決済が浸透していない理由は、

前章で述べたとおり、「取引手数料の高さ」です。

従い、仮想通貨が浸透するのかどうかを考えた場合、

取引手数料が高いため、あくまで投機目的が現状メインとなっています。

国際送金という面では、確かに送金手数料は、安いですが、国内で日常的に利用するとなると、まだまだ課題が残されているのが現状の仮想通貨です。

しかし、ここに対策を講じれば、中国のアリペイのように、大きく市場を拡大させる可能性があります。

さらにアリペイの場合は、中国全土がメインではありますが、

仮想通貨は、スマホさえあれば、世界中で利用できるため、市場を拡大させるスピードは非常に早いのではないでしょうか。

加えて、日本政府は2017年6月に未来投資戦略2017という戦略をまとめています。

この戦略の中で、2027年6月までにキャッシュレス決済比率を倍増させると明記しています。

この戦略があるからこそ、麻生財務大臣も仮想通貨に対して、

ブロックチェーンの技術は認めるという発言をしているのだと思います。
(以下ツイッター動画参照)

従い、仮想通貨の市場も、現在の問題点を解決する事で、大きく利用価値が見出され、

次世代の通貨として浸透する可能性を秘めているのではないでしょうか。

そして、実際に、仮想通貨を代表するビットコインでも、

問題点に対する対策は取られており、期待できると思います。

Sponsored Link

さいごに

日本でのキャッシュレス決済の利用比率の向上は、今後非常に注目であり、

政府の戦略にも期待したいです。

また、今後政府による規制や、通貨としての利用価値という点から、

仮想通貨市場内での順位というのは変わってくる可能性もあります。

例えば、ビットコインは管理者がおらず、利用者全員で管理するという観点から、なかなか政府も参入しづらいというのが現状であるため、

厳しい規制がかけられる可能性もあります。

加えて、取引手数料や取引スピードという問題点を解決した新しい通貨が出てくれば、

その通貨が大きくシェアーを拡大させる可能性もあります。

従い、そのような点に着目してICO案件も見ていく必要がありますね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

⚠注目⚠

ちなみに、みなさん各取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)で取引手数料が違うという事は知っていますか?

せっかく投資する手数料を無駄に捨てていてはもったいないです。

国内であれば、Zaifという取引所が格別に安いですし、金融庁からの認可も受けています!!

あのCoincheckは金融庁からの認可はおりていません。

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Zaif:    -0.01%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、世界最大の取引所で、安全な海外取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ Zaif 作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

5 件のコメント