ブロックチェーンのセキュリティ性は?ハッキングの対策となるか?

2017年に仮想通貨(正式:暗号通貨)市場が注目されていますが、やはりユーザとしては、セキュリティ面で非常に心配が残るのではないでしょうか?

ネット情報に個人情報を登録したり、お金を預けておくとなると、人の顔も見れない状態で、物事が進んで行くとなると、

やはりユーザとしては不安もあるでしょう。

そこで、ハッキングの噂なんかが流れてくれば、やはりユーザが離れて行くのも仕方ないかと思います。

そんな中、有名雑誌がそのセキュリティ性について、記事掲載していましたので、紹介します。

Sponsored Link

ハーバード・ビジネス・レビューがブロックチェーンについてコメント

アメリカの有名雑誌であるハーバード・ビジネス・レビューとは、1992年にハーバード大学の機関士として創刊された世界最古のマネジメント誌として、とても有名です。

アメリカ国内では29万人の経営者から購読されており、日本、ドイツ、イタリア、BRICs、南米主要国など世界14カ国で、60万人のビジネスリーダやプロフェッショナルに購読されている、人気雑誌です。

そんなハーバード・ビジネス・レビューは以下のとおりブロックチェーンについて、コメントしています。

ブロックチェーン技術は、消費者やビジネスマンにとって安全にデータ管理をしなければならない。

例えば、身分証明書、健康管理データ、資格や学歴、各種証明書をオンラインで入手でき、安全に管理できる必要がある。

これが、改ざんできない技術を持つブロックチェーンである。

ブロックチェーンのセキュリティ面の次なる進化は??

やはり、今世界で求められている技術の1つはセキュリティです。

世界では多くのセキュリティに関する規格が立ち上げられており、常にオンラインでシステムのアップグレードが求められています。

そのため、各企業も、この専門家(ホワイトハッカー)を雇い対応しているくらいです。

仮想通貨(正式:暗号通貨)市場において、セキュリティ面で優位性があるのは、イーサリアムかもしれません。

従い、イーサリアムは、一般ユーザというよりも、各企業からは非常に需要のあるブロックチェーンとなるかもしれません。

従い、イーサリアムの注目度がさらに高まることは予想できるかと思います。

Sponsored Link

さいごに

今後ネット社会のさらなる拡大を見せることは間違い無いでしょう。

そんな中で、やはり求められるのはセキュリティ面の向上です。

確かに、ブロックチェーンの技術は素晴らしく、改ざんは不可能に近いですが、秘密鍵の流出により、ハッキングされることは、たまにニュースになっています。

その対策として、画期的な手段を持つ可能性のあるイーサリアムの注目度はやはり高くなる可能性は、個人的には、あると思います。

その点、ユーザとしてはしっかり、対策して欲しいと思いますし、むしろ無くてはならない機能の1つであり、

これが欠けている場合は、投資したく無いというユーザも多いでしょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す