ブロックチェーン技術を仮想通貨(暗号通貨)だけでなく世界の銀行も導入!!

ブロックチェーンの技術は、今や多くの分野で導入される計画が進んでおり、仮想通貨(正式:暗号通貨)の技術が拡大を見せています。

そんな中、やはり導入しやすい銀行で、アジアを中心とした20行の銀行が集結し、ブロックチェーン技術を導入するというニュースがありましたので、紹介します。

Sponsored Link

20行の銀行がブロックチェーンのプラットフォームにサイン!

暗号通貨の技術の根幹として有名なブロックチェーン技術ですが、

香港とシンガポール間のトレード・ネットワークとしてブロックチェーンを用いたネットワークを構築することを、両国20行の銀行がサインしたことが発表されました。

このプラットフォーム設立の理由は、2/3程度が華僑であるシンガポールは、香港との一般トレードや企業間取引も多いため、従来の取引スピードではなく、

迅速な取引スピードが求められています。

従い、このようなプラットフォームの設立は、仮想通貨(正式:暗号通貨)の台頭から、必要不可欠となっています。

加えて、香港とシンガポールは類似した悩みを抱えています。

香港は、中国との経済上、貿易上の戦いを強(し)いられており、

シンガポールはASEAN内での戦いを強いられています。

この両国が共通の悩みを共有することで、両国がアジアで勝ち抜いていく機会を得る可能性があります。

従い、このプラットフォームは非常に価値のあるプラットフォームとなっていくでしょう。

Sponsored Link

仮想通貨との連携は??

現時点では、仮想通貨とのコラボについて、全く発表されていません。

しかし、Lightning Network(ライトニング・ネットワーク)のところでも紹介しましたが、

現在ブロックチェーン間の通貨のスワップというのに、ビットコインとライトコイン間で成功しました。

現在、この様な技術開発が進んでおり、その他にもRootstockというサイドチェーンを用いた取引などもあります。

従い、今後ブロックチェーン同士が連結していく可能性はあります。

また、今回の市場は、銀行間の取引であるため、リップルのプラットフォームとの連携等は今後可能性としてあると思います。

Sponsored Link

さいごに

ブロックチェーン技術の拡大により、多くの事業で取引スピードが高速化していくでしょう。

そして、それに伴い、ブロックチェーン技術の最初に取り入れた暗号通貨の認知度も上がっていく可能性が高いです。

加えて、今後は、ネットワークの連結の様に、ブロックチェーン同士の連結というものも進んでいく可能性があります。

そうなると、インターネット同様に、ブロックチェーンが拡大しく可能性はあると考えます。

従い、今後のブロックチェーン技術の拡大に関し、非常に期待のできるニュースかと思います。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す