ブロックチェーン技術の可能性と仮想通貨(正式:暗号通貨)の可能性

2017年に入りブロックチェーン技術は多くの分野に適用されており、セキュリティ面、スピード面において、非常に注目を集めています。

また、この技術を最初に導入している仮想通貨(正式:暗号通貨)も日々注目度が増していることは間違いありません。

そんな中、クレディ・スイス銀行がブロックチェーン技術について、コメントをしていましたので、紹介します。

Sponsored Link

従来の銀行システムはもう限界?ブロックチェーンが有望??

クレディ・スイス銀行の世界的ソフトウェア投資銀行部門のジェームス・ディズニー氏は、従来の銀行システムである一極集中化に関して、

そろそろ限界である。

と語っています。

それは、個人でのレバレッジをかけた取引を例に挙げ、現在この取引の処理は大幅に増加傾向にあり、決済完了までに20日〜30日ほどかかることもあるようです。

しかし、この同様の処理に分散管理システムであるブロックチェーン技術を適用することで、ほんの数分で処理が完了すると語っています。

我々は、現在この20〜30日かかる処理に四半期で数億ドルもかけており、ブロックチェーン技術を適用すれば、このお金を他に回すことも可能であるとも語っています。

Sponsored Link

ビットコインがブロックチェーン技術の先駆者?

仮想通貨(正式:暗号通貨)の基軸であるビットコインはブロックチェーン技術を最初に導入した通貨になります。

これについて、ディズニー氏は、キラーインターネットアプリケーションであると語っています。

この新しい通貨により、通貨はメールとほぼ同様のレベルで使用可能であり、ビジネスのあり方が大きく変革を起こすという事を主張しています。

確かに、この新しい通貨が生まれた事で、ネットビジネスの世界がさらに拡大する可能性は大きいのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

やはり、大手銀行にとって、ブロックチェーン技術は、仕事のあり方を大きく変える、ツールの1つのようです。

また、ディズニー氏が語るように、銀行にとっては、キラーインターネットアプリとなり、銀行に襲いかかってくる可能性が高いことは事実のようですね。

特に、今後は、インターネット世代の人間が社会の中心となり、インターネットがあることが当たり前の世代が、社会を引っ張っていくわけです。

この新しいインターネットの通貨を今までの経験から避けてビジネスをしていくということは、逆に考えづらいのではないでしょうか。

そういう意味で、仮想通貨(正式:暗号通貨)が、さらに拡大を見せる可能性がわかる興味深い記事かと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼