ブロックチェーン技術をAmexが個人事業主向けの決済に導入!

ブロックチェーン技術といえば、現在話題の仮想通貨(正式:暗号通貨)で使用されている技術です。

この技術は、セキュリティ面の向上や、データの共有に優れているという点から、多くの分野で注目されています。

そんな中、現在世界シェア第4位のアメリカン・エクスプレス(通称:アメックス)が、ブロックチェーン技術の特許申請をしているという記事がありましたので、紹介します。

まさに、暗号通貨から法定通貨への技術逆輸入状態です。

暗号通貨の影響が大きく出ており、技術力の高さが証明されますね。

Sponsored Link

アメックスがブロックチェーン技術を導入!!

2017年10月に米国特許商標長(USPTO)によって、公開された特許出願の情報により、Amexは個人事情主向けに、

過去の取引データを管理するサービスを提供する特許申請を出しました。

この技術は、ビットコインやイーサリアムのような暗号通貨で取り入れられているブロックチェーン技術を活用したものです。

要は、暗号通貨と同様に、個人のトランザクション(取引)をブロックチェーン上に記録し、ブロック内に、時刻情報も持たせることで、

「いつ」「誰が」「何に」使用したかオンラインで分かるようになります。

Sponsored Link

Amexだけでなく他クレジット会社も導入?

このブロックチェーン技術は、Amexだけでなく、市場シェア1位のVisaや2位のマスターカードも導入しようとしています。

Amexは、これらの競合よりも先に行くために、2017年1月にHyperledger Blockchainコンソーシアムに参加して、ブロックチェーン技術に関する最新技術を取り入れています。

AmexのCIOであるMarc Gordon氏はこのコンソーシアムに参加することで、ブロックチェーン技術を活用し、なんとか今まで培(つちか)った経験を活かし、

独自のビジネスプロセスとアプリケーションを構築し、お客様に新しい革新的な製品・サービスの提供をしたいと語っています。

Sponsored Link

さいごに

今回のAmexのブロックチェーン技術導入を受け、間違いなく、他のクレジットカードも怒涛の勢いでブロックチェーン技術の導入と開発が進むでしょう。

ただ、文頭にも記載した通り、この技術は元々は暗号通貨の技術であり、暗号通貨の素晴らしさが、従来の決済システムに逆輸入されている状態です。

従い、暗号通貨のセキュリティの高さが認められ、暗号通貨の普及信頼性向上にもつながるのではないでしょうか。

また、大事なことは、AmexのCIOが語っている通り、このブロックチェーンの技術を活用し、どのようなサービスをユーザに提供するかです。

そういった点では、ビットコインは、「法定通貨からの脱却」

イーサリアムは、多くの企業の英知を絞り出した企業間での契約情報と決済情報のリンク

では、Amexが何を提供するのか?

もちろん、暗号通貨の真似をすればAmexや他のグレジット会社も同じことはできるでしょう。

しかし、さらに上に行かなければ、すでに確立しつつある暗号通貨の市場の波に押される可能性もあります。

従い、特許には記載されていない、その箇所について、今後の動向に注視する必要がありますね。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す