ビットコインを世界の金融や銀行が恐れている!

2017年10月に入り、もうビットコインの価値は69万円まで到達しました。

半年前、1BTCあたり10数万円だったのに、すでに6倍以上になり驚きです。

そんなビットコインの価値について、世界的にどの様な見解を持っているのか?ということがわかる英文記事がありましたので、紹介します。

Sponsored Link

ビットコインの総資産が10兆円を突破!

以下チャートを見て頂ければ分かる通り、ビットコインの時価総額は10兆円(1000億ドル)を突破しました。

この結果から、世界の金融センターであるウォール街でも、ビットコインの決済導入や暗号通貨への投資が進んでいます。

数ヶ月前までは、ウォール街のアナリストや銀行マン、投資家達は、ビットコインや暗号通貨についてはバブルだ!として、あまり相手にしていませんでした。

それはちょうど、1997年にAmazonが事業を始めた頃と同様で、ウォール街では、非難されていました。

しかし、現在これらの暗号通貨を非難してきた銀行や金融機関は、暗号通貨から脅威を受けているというのが現状です。

Sponsored Link

大手金融機関は暗号通貨と手を結ぶ!?

このビットコインの現状から、多くの億万長者や大物投資家そして、大手金融機関であるゴールドマンサックスは、暗号通貨を競合と見なすのではなく、決済手段として採用する方向に舵を切りました。

特に、2017年10月には、ビットコインの時価総額は、ゴールドマンサックスの資本金を上回り、10兆円規模まで価値を急騰させています。

この状況について、ベンチャー・キャピタル・ファンドのSpiceの共同設立者であるAmi Ben David氏は以下のとおり語っています。

この発言からも分かる通り、本気で世界の金融業界が焦っていることがわかると思います。

一年前は、暗号通貨について、知らなかった。そして、半年前は、それを詐欺だと感じていた。

さらに今は、暗号通貨の可能性に気づいていない事に理解し、脅威を感じており、学びたいと思っている。

間違いなく、FOMO(Fear Of Missing Out:取り残されてしまうことへの恐れ)を感じている。

以前我々は、バブルだから、気をつけた方が良いと言っていたが、その相手から、チャンスを逃したとバッシングを浴びている。

Sponsored Link

さいごに

やはり、最初に仮想通貨(正式:暗号通貨)が発表された時やメディアに出た時は、怪しいと感じている人がほとんどだったでしょう。

そして、未だに、バブルだと感じている人もいるかもしれません。

でも、すでに世界の金融センターであるウォール街は、自分たちの認識の過ちを把握し、認め、戦うと負けてしまう可能性が高いと脅威まで感じています。

そして、最終的に、共存するための手段を模索しているというのが現状です。

この記事からも分かるとおり、もう暗号通貨の波は、誰にも止められない、素晴らしい次世代の通貨として認識されている事が分かるニュースかと思います。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

1 個のコメント

  • コメントを残す