ビットコインの新たな使い道?市民権の獲得も可能に!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年10月現在ビットコインは多くの店舗で使用可能となっています。

まさに日々、仮想通貨(正式:暗号通貨)としての可能性を拡大中です。

そんな中、次にまた新たな可能性が出てきました。

それは、バヌアツ共和国の市民権の購入をビットコイン決済で可能にするというものです。

もう何が法定通貨なのか?暗号通貨なのか?徐々に壁がなくなってきているようですね。

Sponsored Link

バヌアツ共和国とは?


出典元:http://japanese.china.org.cn/photos/2017-04/05/content_40562516.htm
バヌアツ共和国は南太平洋西部に位置する、83の島々からなる島国です。

ここには魅力的な青の洞窟、美しい火山があり、「世界一の楽園」とも呼ばれている。

上記写真からも分かる通り、本当に美しい島であり、有名なハリウッド女優、アカデミー賞受賞者のケイト・ブランシェットが、ここの別荘を購入した理由も納得ですね。

バヌアツ共和国の市民権プログラム

バヌアツ共和国は、財政再建の一環として市民権の販売を始めました。

さらに、その市民権をビットコイン決算で購入可能にしたようです。

また、バヌアツ共和国の市民権を得ることでのメリットは以下の通りです。

Sponsored Link

メリット(1) ビザなしでの入国可能数

バヌアツ共和国の市民権を獲得すれば、バヌアツ共和国発行のパスポートで113カ国にビザ申請なしで、入国可能になります。

日本は世界に対しても信頼のある国であるため、ビザ申請なしでも172カ国に入国可能ですが、

中東の国(例:アフガニスタン、イラク、パキスタン)は、30カ国以下の国へしか入国できないため、そのような国の国民にとっては、魅力的かと思います。

メリット(2) 低価格で豪邸に住める

バヌアツ共和国の首都圏から車で10分ほど走るだけで、素晴らしい庭付き一戸建ての住環境が立ち並んでいます。

そこには、外国人向け住宅の平均的な家賃帯は10万円~20万円ほどで、超豪邸に住むことも可能です。

首都圏から10分の距離で、日本と比べようもないぐらい広い大豪邸に住む事ができ、さらに、庭付き、プール付きと良いこと尽くし。

スローライフを楽しみながら、ビジネスを行いたい人には、最適かもしれませんね。

メリット(3) タックスヘブン

バヌアツ共和国はタックスヘブンと呼ばれており、輸入品にのみ関税が約12%税金が課されますが、

関税以外は、ほぼなく、所得税も法人税も贈与税も相続税もありません。

従い、今後ネットビジネスをするとなった場合、拠点をバヌアツに置くことで、メリットがあると考えるビジネスマンは多い可能性はあります。

特にネットビジネスは、PCとネットワークさえつながれば、いつでも、どこでもできるので、最適かもしれませんね。

Sponsored Link

さいごに

ビットコインを用い、財政再建を図るという、今までにはない斬新な対策でとても、興味深いニュースでした。

ただ、インパクトだけでなく、バヌアツ共和国の税収制度には、多くの投資家や暗号通貨ユーザ、ビジネスマンには市民権を得て、バヌアツ国民になるメリットは十分にあるかと思います。

特に世界を飛び回るような生活をしているビジネスマンで、ネットビジネスを展開している方なら、とても惹かれるニュースではないでしょうか。

また、今回の市民権獲得へビットコイン決済導入というニュースが世界中に発信され、東南アジア等の国で同様の事例が導入された場合、さらに、ビットコインの普及が拡大し、価値高騰にもつながるかもしれません。

そういう意味でも、非常に興味深いニュースかと思います。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link