ビットコインにイーサリアムの専売特許(スマートコントラクト)の導入準備が進む!!

仮想通貨(正式:暗号通貨)市場において、第1位であるビットコインと

市場2位であるイーサリアムの大きな違いは、スマートコントラクトという機能です。

このスマートコントラクトはブロックチェーン上に、売買契約書を保存する事で、「誰が」「いつ」「いくら」ビットコインを使用したのか?

に加え、

「何を」「どの様な条件で」購入したのか?という事が管理されるため、

継続的に支払うもの(例:公共料金等)の自動支払い等が暗号通貨で支払う事ができたり、

製造メーカなどで購入品の管理をする際に、重宝される機能となっています。

そんな中、ビットコインには2017年12月現在実装されていないスマートコントラクトについて、準備が進んでいるというニュースがありましたので、紹介します。

これにより、さらにビットコインの価値が高騰する可能性がありますね。

Sponsored Link

ビットコインにイーサリアムの専売特許(スマートコントラクト)の導入準備が進む!!

RSK Labsというスマートコントラクトのプラットフォームを開発しているメンバーにより、2年以上の開発期間を経て、ようやくビットコイン用のスマートコントラクトプラットフォームのβ版で開始すると発表されました!!

スマートコントラクトは、冒頭で説明した通り、イーサリアムの専売特許であるスマートコントラクト機能を、ビットコインのブロックチェーン上に実装するものではなく、

サイドチェーンで実現し、サイドチェーン状に契約情報を保管していく機能です。

Sponsored Link

ビットコインの可能性が拡大する

ビットコインに対して、サイドチェーン上でスマートコントラクト機能が使用可能になる事で、

通貨の機能としての価値が、格段にアップされます。

それは冒頭にも述べた通り、契約情報をサイドチェーン上に保存するため、継続的に支払う料金や、製造メーカのコスト管理等に非常に重宝されます。

これにより、投資先としての側面よりも、

通貨としての機能がアップし、さらにビットコインの可能性が見直される可能性が高いです。

その自信とも取れるコメントとしてRSK Labsは以下の通りコメントしています。

RSKのプロジェクトはエコシステム全体に属しており、我々はインターネットの価値を超えたビットコインネットワークを形成する必要がある。

The RSK project belongs to the whole ecosystem and we need to work together to build the Internet of Value over the Bitcoin Network.

これを解説すると、RSK Labsとしては、エコシステムと言われる企業間の垣根を超えた結びつきを形成するためのサポートをしたいと考えている様です。

さらには、ビットコインのブロックチェーンネットワークを、今後インターネットを超える巨大ネットワークにしたいと考えており、

最新情報等を追う場合は、インターネット。

お金に紐づく情報を追う場合は、ブロックチェーンから情報を得る将来を描いている様です。

Sponsored Link

さいごに

今回発表されたスマートコントラクトのプラットフォームである

「RSK」のβ版により、実用試験を行い、そこで本当に使用可能なプラットフォームになっているか今から始まるでしょう。

しかし、ほぼほぼ完成の状態であり、

RSK Labsが描いている世界もすぐそこまで来ています。

よく巷(ちまた)で言われている「第三次産業革命」であるインターネット革命から

「第四次産業革命」であるAI, ブロックチェーンによる革命が、完成しつつある事が分かったかと思います。

さらには、このお金にひもづく情報を検索できるプラットフォームとAIの連携により、市場予測や今後の事業計画等も検討される様になるかもしれません。

こうなった場合、我々人間がどの様な事に介入していかなければならないのか。

その点についても、よく検討していく必要があります。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す