ビットコインのスケーラビリティ問題にSegWitをどのように導入するのか??

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

今までも数回ビットコインのスケーラビリティの対策として、SegWitという対策を紹介してきましたが、最新ニュースが英文で紹介されておりました。【関連記事:リンク

そこの中にも問題点と対策が記載されておりましたので、紹介します。
対策については、今まで説明した内容と同様でしたが、ぜひご一読ください。

SegWitの適用方法について

参考文献:https://cointelegraph.com/news/bixin-pool-announces-support-for-segwit2x-calls-it-mature-technology

ビットコインのスケーラビリティ問題に関する長期間の打ち合わせも、やっとクライマックスに向かっています。

現在打ち合わせの中で出されている提案は、以下のとおりです。

BIP148(Bitcoin Improvement Proposal)によるSegwit2xの適用。

あまり意味がわからないと思いますので、少し以下で解説します。

Sponsored Link

BIP148とは??

BIPとは、上記に記載したとおり、Bitcoin Improvement Proposalの略で、148はあくまで提案された通し番号です。

そのため、今回のBIP148は、148番目に提案された、ビットコインの改善提案書ということです。

まず、BIP148では、SegWitの適用に向けて、ソフトフォーク(*1)を用いて、SegWitを適用するという考えです。

(*1)ソフトフォークについて、不明点がある方は、右記記事の1.1章を参照ください。【リンク

ただ、これには少し問題があり、多くのマイナーがBIP148を適用せず、マイニングを行なった場合、BIP148が提唱しているSegWitの導入方法では、SegWitを適用できない、もしくは時間がかかる可能性があります。

これは、PoW(*2)の観点からもそうですが、BIP148のルールとして、世界中のノード(スパーコンピュータ)にSegWitを適用され、SegWitが適用されたブロックが全体の95%以上の時に、初めてSegWitが動作し、ソフトフォークが稼働するという方法です。

そのため、95%に達しない場合は、SegWitがしばらくの間、適用されていない可能性があります。それまでの間は、従来のビットコインのままです。

(*2) PoWについて、不明点がある方は、右記記事を参照ください。【リンク

Sponsored Link

BIP148導入による問題点

前章でも少し、問題点を記載しましたが、英文の最新記事にも出ていたので紹介します。それは、BIP148を使用したSegWitの適用には、まだまだ反対派もいるようです。
例えば、ハードフォークによるSegWit導入派もいるからです。

もちろん今のところ、83%が前回の会議でSegWit導入に賛成はしているのですが、導入方法については、まだまだ検討の余地が残されています。

また、マイニング投資で有名な投資先の1つとして知られるビットクラブ【ビットクラブ記事参照(リンク)】もまだ、どのような方法で、自社のマイニングプールにSegWit適用させるか、また適用しないのかも表明していませんので、どのように、今後対応するのかはっきりわかりません。(2017年6月18日付)

従い、例えビットコイン推進グループの83%が会議の中で賛成していると言って、SegWitの適用が決まったとしても、実働部隊が適用が遅れれば、結局のところ、

「現在のマイニング方法」と「新しいマイニング方法(BIP148適用済み)」のマイニングの戦いになるわけです。

そのためSegWitの導入が遅れたり、導入方法の公開が遅れると、「今までのビットコイン用のブロック」「新ビットコインのブロック」によりブロックチェーンが分裂してしまいます。

ということは、2種類のビットコインになってしまう可能性があるということです!!

これは、会議の中でも懸念点として挙げられており、2種類に分けるのは、推進グループのメンバも避けたいようです。

Sponsored Link

さいごに

SegWitの打ち合わせは、クライマックスを迎えており、徐々に情報が明らかになっていますが、最終的に明らかになった際には、多くの人が一時的に、ビットコインを別の仮想通貨にうつす可能性が高いです。

さらに、ビットコインが2種類の仮想通貨になった場合、今後会議の結果(SegWitの強制的な導入依頼等)から、取引所が新しいビットコインを有効と考え、今までのビットコインを取り扱わない可能性もあります。

ユーザもSegWitを適用した方が、もちろんトランザクションの処理時間の短縮の観点から新ビットコインの方が有効的と判断する可能性が高いでしょうから、今までのビットコインの価値が下がる可能性が大きいです。

そのため、上記ニュースから状況を適切に今後の判断することをお勧めいたします。

最後までご購読ありがとうございました。

ビットコイン・ニュース

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

コメントを残す