ビットコインについてリップルの会議で元連邦準備理事会議事長が語る

ビットコインの可能性について、多くの公共の場(例:リンク)で語られ、注目度を増しています。

そんな中、元連邦準備理事会(FRB)の議長が、ビットコインについて語っていますので、紹介します。

Sponsored Link

ビットコインについて、リップルの会議でFRB元議長が語る

前FRB議長のBen Bernanke氏は、トロントで開催されたリップルが主催する会議の中で、ビットコインについて見解を述べました。

それは、ビットコインは成功のための1つのツールではなく、政府を弱体化させる1つのツールである。

というものでした。

この発言の裏には、課税に対する制度がまだ確立されていないことを示唆しているのでしょう。

ちなみに、Ben Bernanke氏の発言は今まで、少しづつ変わってきています。

時系列でいうと以下のような感じです。

2013年
暗号通貨のシステムについて、上院委員会の中で革新的な決済システムであると発言。

2015年
ビットコインの匿名性は、深刻な問題であると発言。

2017年
暗号通貨は、最終的に政府を弱体化させる。

Sponsored Link

今後の影響は

今後の影響として、ビットコインに対し、政府が本格的に参入し、税収に対する制度を確立させていくでしょう。

既に、ある程度は確立されていますが、(税収:詳細

アルフィリエイトにやマイニングによる暗号通貨立ての報酬など法定通貨から暗号通貨に変換していない場合の利益確定をどのように計算するか、

まだ明確になっていません。

従い、この辺りは、政府として今後課題になってくると思います。

Sponsored Link

さいごに

Ben Bernanke氏の発言の推移から分かるとおり、最初は、金融業界として暗号通貨に対して、余裕をかましていたものの、

アメリカの中央銀行制度を決める最高意思決定機関として、徐々に暗号通貨の本質がわかり、脅威を感じているのでしょう。

また、アメリカ政府としても、税制の問題は、まだまだ検討中です。(アメリカの税制検討状況

従い、その可能性をユーザに把握させる事、

そして、税制を施行の重要性を政府に対して周知する方法としては、この場を利用したのかもしれません。

いずれにせよ、もう金融業界や政府として、無視できる存在ではなく、早く手を打たなければならないと考えているのでしょう。

従い、暗号通貨に対する今後の政府の動向や、金融業界の動向には、注視していく必要がありますね。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す