ビットコインの決済時間の対策としてライトニングネットワークが待ち望まれている!!

Sponsored Link

2017年11月に発表されたSegWit2xの中止により、市場は大荒れ状態です。

さらには、この大荒れの状況下において、ビットコインキャッシュは、一時的ではありますが大きく市場を伸ばし、

イーサリアムのVitalik氏がツイートを残している通り、市場規模2位まで高騰しました。(2017年11月13日現在は第3位)

そんな中、ビットコインのスケーラビリティ問題(リンク:3.2章)に対して

追撃の一手とも言えるライトニングネットワーク(Lightning Network)の状況についてニュースが出ていましたので、ここでは紹介します。

Sponsored Link

ライトニングネットワーク(Lightning Network)とは?
決算時間の対策になるのか?

ライトニングネットワークが、まだよく分からないという方はぜひ、以下リンクを参照ください。

少し専門的な内容になっていますが、ライトニングネットワークは、とても素晴らしい技術ですし、図もありますので、把握できると思います。

ライトニングネットワーク(Lightning Network)のテストほぼ完了

ライトニングネットワークの実装試験については、以下ツイッターとリンク先からも分かる通り

とうとう90%まで完了している様です。

あとは、実装がいつになるのか?

その正式発表を待つ必要がありますね。

Sponsored Link

ライトニングネットワークのテストは完了!

2017年11月17日にライトニングネットワークを用い、ビットコインとライトコインのスワップ(交換)にとうとう成功しました。

これは、初めて暗号通貨間のスワップに成功したため、今後多くの通貨に展開されていくことが期待されます。

これで、スケーラビリティ問題への一手にもなり、期待は大きいですね!!

ライトニングネットワークによる効果は??

ライトニングネットワーク(Lightning Network)を実装するにあたり、実際のところどの様なメリットがあるのかというと、

以上のようなメリットがあります。

  • ブロックチェーンに取引情報を送る回数が減るため、採掘コストが減少する
  • ミリ秒単位で何千のトランザクション(取引情報)を作成することができる
  • 0.00000001BTC(約0.004円)など、超少額支払いが可能(マイクロペイメント)

これは、現在ビットコインが抱えている問題点を解消するものであり、SegWit2xが中止となった今、

多くのユーザから待ち望まれている理由が分かるかと思います。

Sponsored Link

さいごに

現在ビットコインは、分裂やら、新しいビットコインの誕生やら、ビットコインキャッシュが、ビットコインになるのでは??

と、色々と不安で不明確な情報が飛び交っています。

そんな中、ライトニングネットワーク(Lightning Network)の実装試験が90%程度完了しているというのは、非常に良い情報かと思います。

そして、これがいつ実装されるのか?という情報により、

ビットコインの価値も大きく変わってくるのではないでしょうか?

実装時期等のさらなる情報に目が離せませんね。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

2 件のコメント

  • コメントを残す