ビットコインの今後の改善計画は!?2017年12月にRootStock導入か!?

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

人や市場の成長において、価値の一定というものは、なかなか存在しません

例えば、iphoneは今やスマホの代名詞となっていますが、日々機能をアドインさせたり、

新機種を発表することで、スマホ市場のトップを走り続けています。

これから分かる通り、その場に立ち止まっていては、市場2位、3位のライバルに同機能をリリースされたり、

上を行かれたりする事で、市場を追いやられてしまいます。

そんな中、仮想通貨市場で2017年9月現在第1位であるビットコインですが、さらなる進化を遂げるためのプロジェクトである

Rootstockのリリース時期について、発表しました。

これで、またさらにビットコインの価値が高騰する可能性が出てきました。

まさに、今がチャンスですね。

Sponsored Link

Rootstockのリリース時期は??

RSK LabsのCEOであるDiego Gutierrez氏は、以下の通りRootstockのリリース時期をツイッターで発表しました!

SegWit2Xのハードフォークの後である、2017年11月中旬から2017年12月中旬まで

Rootstockを実装する準備はできた。

別記事(リンク)で紹介した通り、RSK LabsはEtherpartyというスマートコントラクトの実装が得意なベンチャー企業と

業務提携発表しており、技術開発が一気に加速したため、今回のような発表をしたのでしょう。

RSKとEtherpartyの業務提携に関する記事はリンクを参照ください。

Sponsored Link

さいごに

イーサリアムの特権であるスマートコントラクトをビットコインが取り入れる事で、

ビットコインは現在の市場を大きく拡大できる可能性を整えます。

ただ、イーサリアムも別プロジェクトであるRaidenプロジェクトを並行して遂行しIoTとの融合を視野に含め、通貨として日々進化をしています。

従い、両者ともに、市場1位の座を確保または目指すために、次なる一手の活動をしているため、仮想通貨市場全体として、さらなる成長が見られる可能性のある、とても興味深いニュースかと思います。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

補足:ビットコインの価値推移に関するニュース

Sponsored Link

ビットコインの価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

コメントを残す