ビットコインの11月のハードフォークでどうなるの??何がビットコインとなる?

2017年10月,11月,12月と立て続けにビットコインはハードフォークをしようとしています。

そこで、11月のハードフォークについて、情報を整理したいと思います。

Sponsored Link

2017年11月のハードフォークでどうなる??

数回にわたり記事を発信していましたが、2017年11月にビットコインはSegWit2xを実行します。(詳細:リンク

これは、スケーラビリティへの対策のために実行されるものです。

そして、このハードフォークに対して、大手取引所のCoinbaseは以下のとおりツイッター上で公開しています。

我々は、最も蓄積された難易度のあるビットコインのチェーン(マイナーに支持されたチェーン)をビットコインと呼ぶ。
We are going to call the chain with the most accumulated difficulty Bitcoin.

(抜粋:出典元 以下ツイート上のリンク)
https://blog.coinbase.com/clarification-on-the-upcoming-segwit2x-fork-d3c0f545c3e0

このコメントから分かる通り、多くのマイナーに支持されたブロックチェーンが今後のビットコインになる可能性が高いようです。

では、何がビットコインになるのか?何が支持されるのか?という事ですが、

過去の情報からSegWit2xの支持率は、マイナーから85%程度あります。(以下ツイッター参照)

この85%のマイナーから指示を受けているという事から、現在のビットコインのチェーンにSegWit2xが実装され、SegWit2xの仕様のブロックチェーンが真のビットコインとなり、

元の仕様(ブロックサイズ1MB)が別のビットコインになる可能性が高そうですね。

Sponsored Link

SegWit2xの対応時期は??

SegWit2xの対応時期は、以下のサイトでカウントダウンしています。

現状、SegWit2xの実装時期は

2017年11月16日20時52分の予定のようです。

https://bashco.github.io/2x_Countdown/

取引所の対応方針は??

ツイッター上で、国内大手の取引所であるコインチェックは、方針を公開しています。

今回の分裂でも新しい通貨の付与をする可能性もあるようです。

しかし、以下理由の場合は、付与は実施しないようです。

  • Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
  • マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
  • 何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
  • その他、弊社においてB2Xを付与することが適切ではないと判断した場合

Sponsored Link

さいごに

徐々に2017年11月のハードフォークの内容が見えてきました。

この内容で行けば、とりあえずビットコインをアルトコインに移管するのではなく、ホールドしておいた方が良さそうですね。

ただ、まだ少し時間がありますので、逐次情報をモニタリングしておく必要があると思います。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す