ビットコインへの投資なら今がチャンス!!日本の取引量が世界一へ!!方法を公開!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年9月は仮想通貨の市場において、多くの事件があり、大荒れとなっています。

代表的なものは、JP Morganの発言(詳細:リンク

中国によるICO取引停止(詳細:リンク)です。

そんな中、日本としては少し嬉しいニュースである日本国内での取引量が世界一位になったというニュースが発信されていましたので、ここでは紹介します。

さすがニッポン!!

Sponsored Link

日本の取引量が世界1位に!!

文頭で紹介した中国でのICO(Initial Coin Offering)の停止に加え、

中国での代表的な取引所であるBTCChainaが2017年9月をもって、仮想通貨(正式:暗号通貨)取引停止。

さらには、他の代表的な取引所であるOKCoin, Huobiも2017年10月30日をもって取引を停止することを発表しました。

これらの影響により、日本は、ビットコイン取引市場において、51.33%のシェアーを確保することがわかりました。

少し、驚きなのが、中国の取引所停止の公表の後、一気に日本の取引所のシェアーが上がったことです。

もちろん、アメリカに移行しても良いのでしょうが、今回は、日本の取引所に移行する投資家が多かったです。

やはり日本の信頼度が中国でも高いということの表れなのかもしれません。

Sponsored Link

中国取引所の停止でより強固な通貨になる??

中国の取引所の停止により、ライトコインの開発者であるCharlie Lee氏は、以下の通り語っています。

今回の中国での取引所停止は、良いニュースである。

中国はもはやビットコインの取引停止で、市場の操作をする事はできなくなった。

従い、仮想通貨(正式:暗号通貨)は、どの国にも消滅させることのできない存在となった。

中央集権化への唯一の対策は、分散管理のみなのです。

現在Decred Projectチームが現在そのような手助けとなる動きをしていることを私は知っている。

“This is a good thing. China can no longer play with the markets by banning Bitcoin. Cryptocurrency cannot be killed by any country. One solution to centralized exchanges is decentralized ones. I hear the Decred Project team has something cooking that helps with that.”

上記の通り、やはり中国は仮想通貨(正式:暗号通貨)を操る可能性のある大国であったため、

その脅威がなくなり、分散管理がより進み、より強固な通貨になるための

良いニュースだったかもしれません。

Sponsored Link

さいごに

日本の取引量が世界一になる事は、中国取引所の停止による副産物ではありましたが、

中国全体で取引停止するというビックニュースだったにも関わらず、

1BTCは40万円程度で、現在安定しています。

そして、また徐々に価値を戻そうとしています。

これから分かる通り、

さらに分散管理が進み、第三者による下手な操作ができない

より強固な通貨になっていることが分かるかと思います。

そういう意味で、結果として、ビットコインの価値が再認識される、素晴らしいニュースではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

補足:ビットコインの価値推移に関するニュース

ビットコインの価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

コメントを残す