ビットコインのハードフォーク!!次は2017年11月!!

ビットコインのハードフォークという言葉を聞かれる方も多いかと思います。

ここでは、過去にどのようなフォークを行なってきたのか?

情報をまとめたいと思います。

ビットコインの2017年8月1日のハードフォークとは?

2017年8月1日のビットコインのスケーラビリティーに対する対策としてハードフォークが実行されました。

これは、Wu Jihan氏率いる中国マイナー勢とビットコインのコア開発者との合意が得られず、話は平行線のままとなり、

結果として、2017年8月1日21:20にビットコインに対し、ハードフォークし、新しい通貨

ビットコインキャッシュ
(Bitcoin Cash/BCH)

を立ち上げると宣言することとなりました。

Sponsored Link

ビットコインキャッシュとは??

ビットコインキャッシュとは、成立の政治的背景は冒頭で説明した通りです。

また、どの様にして分岐したのか?というと、

ビットコインのブロック生成方法に対して、ハードフォークを適用し、新しい仕様のブロックを生成します。

このハードフォークとは、「今まで通りの仕様のブロック」と「新しい仕様のブロック」に分岐するため、ブロックチェーンの分岐が発生する事になります。

イメージは以下の通りです。

 

ビットコインキャッシュの特徴は?

ビットコインキャッシュの特徴としては、以下3点が公式サイトに掲載されています。

①ブロックサイズの上限を8MBまでに拡大する(2017年7月時点、本家ビットコインのブロックサイズは1MB)

②リプレイワイプアウトプロテクション(Replay and Wipeout Protection)により、BTCとBCHは2度とまじわることなく、安全かつ平和的に共存する

③リプレイ保護技術として、ハードウェアウォレットセキュリティの向上のための入力値署名や二次ハッシュ問題の排除など更なる利点を備えた新たな取引タイプを導入する。

ビットコインキャッシュは無事成立したのか?

前章までは特徴について、記載しましたが、ハードフォークを行なって以降、無事ビットコインキャッシュが成立できたのかどうか?

よくわからない方もいらっしゃると思います。

調べてみたところ、8/1 21:20以降にブロックは無事生成されてはいます。

しかし、肝心のブロックサイズが2MB以上であるかどうかの分かったのは、次の日の8/2 16:20です。

[補足]
確かに、8/1 21:20前にも2MB以上のブロック生成に成功していますが、ここでは、宣言時刻の8/1 21:20の後に生成されたのか?という目線で確認すると、見たため、カウントしていません。

また、上図より、ビットコインキャッシュのブロック生成には、非常に時間がかかっているという事と、ブロックサイズも統一がなく、さらにブロック生成時間も今までの10分間隔ではなく、統一がありません。

従い、個人的な意見では、まだ少し動作に不安定さが残っている印象です。

参考までに、ビットコインのブロック生成を表した以下図を参照ください。

ビットコインは、きっちり10分ではないですが、約10分毎に1MBのブロックが安定的に生成されていることが分かります。

Sponsored Link

2回目のビットコインのハードフォークは?

ビットコインの2回目のハードフォークは、2017年11月ごろを予定されています。

その名も「SegWit2X」です。

SegWit2Xとは、ビットコインのブロックチェーンの中のブロック容量について、現在の1MBから2MBの2倍にするというものです。

この容量拡大により毎秒ごとのトランザクション数(取引可能数)を増加させるというものです。

目的としては、1度目のハードフォークと一緒ですが、

SegWit2xに賛同しているメンバが1度目との違いです。

2017年11月のビットコインのハードフォークの反応は?

ビットコインのマイニングメーカであるF2poolは、まだまだ議論の余地のあるSegWit2Xのハードフォークに関して、議論の場に参加しています。

F2Pool社のCEOであるWnag Chun氏は以下のとおりTwitter上で語っています。

私は、SegWit2Xに関して何も参加していなかった。BITMIANの共同開発社であるJihad Wu氏には、以前伝えたが2017年7月まではSegWit2Xをサポートすると伝えた。しかし、今はもう9月である。
出典元:以下Twitter

このニュース・発言は、DCGcoのCEOであるBarry Silbert氏がまとめるNew York Agreement(NYA)に新しい風を吹かせる可能性もあります。

というのも、マイニング市場において、市場の8.2%(以下参照)のシェアーを持つF2poolはそれなりの発言力を持っているでしょう。

そのF2poolがSegWit2Xを支持しない場合、軒並み他社も支持しない可能性もあります。

また、NYAの発足以来、あまり大きなトラブルや意見の不一致に見舞われていなかったため、今後SegWit2Xに関し、さらに議論の激化が予想されます。

事実、このSegWit2Xの議論はここ数週間で激化しています。

コメンテータのOleg Andreev氏は、ハードフォークをすることで、ビットコインの価値は不安定になってしまうと語っています。

また、Bitwalaはブログ上でSegWit2Xを推奨すると自社のブログで語っています。

このように、まだまだ迷走している状況が続いている事が分かります。

Sponsored Link

さいごに

2017年11月にSegWit2Xがアクティベート(導入)された場合、2017年8月のハードフォーク同様に、一時的に、乱高下の激しい時期があるでしょう。

やはり、まだまだ市場が小さいため、一部のインフルエンサーに影響されやすいという点は仕方ありません。

しかし、ビットコインの価値がなくなるわけでないという点と、2017年8月の良い例があるため、乱高下に対して、そんなに心配する必要もないでしょう。

我々として、把握しておかなければならないのは、NYA等の情報から、ビットコインがどのような方向に舵を切ろうとしており、それにより、どこに向かおうとしているかであると個人的に思います。

その先に、明確な目的があれば、きっと悪い方向にはいかないのではないでしょうか?

従い、まだまだ目が離せない状況ですね。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す