ビットコインの今後の相場を急騰させるか??Rootstockの適用!!

2017年に入り、大きく価値を伸ばしているビットコインですが、2017年8月には、すでに価値を50万円/BTCに到達させようとしています。

また、ビットコインは、すでに数回の改修を実施しており、直近では、2017年8月にSegWitの導入の成功により、スケーラビリティ問題という1秒あたりの取引数の上限を拡大させるという改修を完了させました。

上記記事の詳細は、右記リンクを参照ください。【リンク

そんな中、新たなる改修のプロジェクトであるRootstockに関する情報が英文記事でありましたので、紹介します。

もし、ビットコインにRootstock(*1)の導入が成功した場合、ビットコインは、間違いなく価値が急騰するでしょう!!

(*1)Rootstockの説明は以下リンクを参照ください。
リンク

Sponsored Link

RSKとEtherpartyが業務提携!!

Rootstockプラットフォームを提供するRSK Labsは、

Etherpartyというイーサリアムで導入しているスマートコントラクトの実装が得意なベンチャー企業と

ビットコインのブロックチェーンにスマートコントラクト(*2)の導入加速に向けて、業務提携することを発表しました!!
(*2)スマートコントラクトの概要は、本章の末尾で説明。

参考の記事の抜粋は、以下のとおりです。

Open-source smart contract platform Rootstock (RSK) has announced it will work with Etherparty to “accelerate adoption of smart contracts on Bitcoin.”

出典:https://cointelegraph.com/news/rootstock-etherparty-deal-will-accelerate-bitcoin-smart-contract-adoption

ちなみに、スマートコントラクトとは、概要を記載すると

イーサリアムの専売特許でもある、ブロックチェーンのブロックの中に、売買の契約書を織り込むという技術です。

詳細は、右記リンクを参照ください。【リンク

Sponsored Link

Rootstockプラットフォームにスマートコントラクトを実装!

前章の情報公開について、両者(RSK, Etherparty)は、今までに数回、技術提供しており、互いの技術を統合することで、

Rootstockのプラットフォーム上で相互互換可能なスマートコントラクトを開発できると確信しているようです。

この業務提携は、イーサリアムの専売特許であるスマートコントラクトを活用した無数のビジネス展開可能をするための、大きな一歩になる事は間違いありません。

さらに、スケーラビリティ問題である毎秒あたりのトランザクション数も以下の通り向上する予定です。

ブロックチェーン上: 2,000 tx/秒
サイドチェーン上:    20,000tx/秒
    【tx:トランザクション数】

Sponsored Link

さいごに

ビットコインにRootstockプラットフォームを適用し、スマートコントラクトがビットコインでも使用可能となった場合、

ビットコインは、イーサリアムの市場にも侵食する事ができる可能性があります。

もちろん、イーサリアムは、すでにEEAというコミュニティーを確立し、今も拡大させているため、全てのイーサリアムの市場を侵食する事は難しいでしょう。

しかし、その可能性を持つという事は、ビットコインの価値をさらに拡大させる可能性を秘めているという事です。

上記理由より、Rootstockを適用すれば、さらに素晴らしい価値のある貨幣になる事は間違い無く、需要を急騰させることになるでしょう。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

補足:ビットコインの価値推移に関するニュース

ビットコインの価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加

コメントを残す