ビットコインの将来性を信じ億万長者になれるか?ゴールド(金)市場と比較!

2016年までビットコインの価値や将来性に関する発言はあまり、多く発信されていませんでしたが、

2017年に入り、多くの団体(例:世界銀行国際通貨基金等)が公式の場で、ビットコインの可能性に関する概略を発信しています。

読者のみなさまも、確かに高騰しそうな気はするな?という、ざっくりしたイメージは持ちつつも、なぜそのように考えるのかと言われると、返答に苦しむ場面も多いかもしれません。

そこで、ここでは、ある世界銀行に勤める有名な経済スペシャリストの見解について紹介します。

私も日本円との総資産との比較をしたことがありますが、やはりビットコインは、まだまだピークではなく、

これからの通貨である事がわかる見解になっていると思います。

期待大ですね!!

Sponsored Link

ビットコインと米ドル, ゴールド市場との比較

アメリカで有名な経済スペシャリストであるVincent Launay氏がビットコインに関する今後の可能性の見解を述べていました。

その前に、Vincent Launay氏の経歴ですが、

現在ワシントンDCの世界銀行に努め、さらにFinancial Modeling Academyにも勤めています。

加えて、MBA(Master of Business Administration)と並ぶビジネス分野において有名な資格であるMSc(Master of Science)の資格をHEC Parisという経営大学院で取得されており、

経済の分野において、スペシャリストである事がわかります。

そんなVincent氏がビットコインの可能性について、検討していました。

その見解において、まず現在(2017年10月)のビットコインの価値は、

まだまだ低い!というの見解です。

その理由としては、ビットコインというのは、第二世代の暗号通貨のようにスマートコントラクトやスケーラビリティの対応について、今後対応する予定であり、最適な競合相手ではないと考えているようです。

従い、現状としての競合(Competitor)は、

ビットコインの長期投資や投資という側面が強い事から、第二世代の暗号通貨(アルトコイン)というよりも法廷通貨(例:円、ドル)やゴールド(金)になると考えているようです。

そして、ビットコインの価値が上がりきっているのであれば、その法廷通貨やゴールドの市場価値に近いものになっているはずです。

しかし、現状は、その足元にも及んでいないというのが事実です。

例えば、USD(米ドル)の総資産(金融機関保有額と市場流通量の合算)からすると約125,000億ドル(約1,300兆円)であり、

ゴールド(金)に関しても、約80,000億ドル(約880兆円)です。

それに比べ、ビットコインの総資産は2017年10月現在、約940億ドル(約10兆円)です。

市場価値
ビットコイン 約10兆円
ゴールド 約880兆円
米ドル 約1,300兆円

これは、2つの競合と比較して約1%の市場価値しか現状ない事になります。

この状態で、ビットコインの市場が成熟しているとは現状考え難いとVincent氏は感じているようです。

Sponsored Link

今後のビットコインの可能性は??

今後のビットコインの可能性を示すために、Vincent氏は、

以下の図でゴールド市場と米ドル市場と、ビットコイン市場の比較をしています。

これからもわかる通り、もともと暗号通貨は、ガチガチに管理されている法廷通貨から脱却されるために作り出された通貨であるため、その市場に迫るために作られています。そして迫れば迫るほど、価値を大きく伸ばす事が一目でわかります。

もし、この市場が米ドルの8%程度に到達すれば、ビットコインの価値は

60,200USD(約660万円)/ BTCを超えてきます。

この可能性を早期にキャッチするか、そうでないかで大きな分かれ道になるという事です。


転用元:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-has-barely-reached-1-of-its-potential-expert-blog

Sponsored Link

さいごに

今回比較対象として出された米ドルやゴールド(金)というのは、確かに、世界の基軸通貨として使用されており、

各国の法廷通貨(例:円)等の自国だけが市場という通貨よりも、

ビットコインが目標としている市場規模と類似しており、確かに、競合としては最適と考えられます。

ただ、その競合に迫る勢いはありつつも、まだまだ規模としては小さいのが現状です。

従い、今後この価値を大きく伸ばす可能性が感じられるVincent氏の見解ではないでしょうか。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す