ビットコイン、イーサリアムの暴落の理由は??

2017年7月に仮想通貨が全体的に暴落しました。おそらく保有されている方々もかなり、心配されたことでしょうし、保有されていない方はやっぱり仮想通貨(正式:暗号通貨)は怪しいなと思われたのでしょうか??

ここでは、その理由について、英文記事がありましたので、ここでは紹介します。

Sponsored Link

仮想通貨に何が起こったのか?

仮想通貨(正式:暗号通貨)の投資している方々は、24時間のうちに10億USD近い価値を失い、かなり動揺されたのではないでしょうか??

私自身も頭を抱えてしまいました(笑)

例えば、ビットコインは10%近く下落し、2,300USDまで価値を落としました。
さらに、イーサリアムは2017年5月以来、200USD以下まで下落しました。

ちなみに、この価値を落としたのは、ビットコインやイーサリアムだけでもなく、リップルも同様に、30%も下落し、市場全体も同様に価値を落としました。

この様な市場過程から、Fx等をやっている投資家たちは、ビットコインがしばらくの間、以下図の三角形の頂点周辺で価値が推移するのではないかと予想していました。

おそらく2017/8/1にスケーラビリティ問題もあるため、その間取引が落ち着くことと、上図のトレンドから、この辺りの位置で価値が推移すると予想しているのかと思います。

Sponsored Link

なぜ仮想通貨の価値が暴落しているのか??

仮想通貨(正式:暗号通貨)の基軸であるビットコインですが、この基軸となるビットコインの影響度は、他の通貨そして、仮想通貨市場に対してとても大きい影響力があります。

今回、仮想通貨へ投資されている方は、すべての通貨が下落していると不安になっていると思いますが、実は今までも同様に仮想通貨市場全体の下落は、ビットコインを主導にして、価値が下落しています。

以下図はイーサリアム、リップル、ビットコインの2017年5月〜6月の価値推移の対比ですが、見て分かるように、すべて同じように価値が上下しています。

それくらい、ビットコインの価値の影響度が大きいということです。

従い、今回は、2017/8/1のビットコインのスケーラビリティ問題により、ビットコインの価値が下落し、それに影響され、すべての仮想通貨の価値が変動したということになります。

右記リンク【リンク】にも記載しましたが、現在仮想通貨の市場流通量は、0.04~0.05%です。

ちなみにビットコインの流通量は、日本が世界第1位(2017年7月)で、アメリカが世界第2位です。

ビットコインが世界一流通していると言っても、皆さんの周りにビットコインを保有している方は少ないのではないでしょうか?

それくらい、まだまだ外乱の影響を受けやすい状態ということです。

Sponsored Link

さいごに

仮想通貨市場の推移と暴落について記載しましたが、まだまだビットコインの影響度が大きいことがわかったかと思います。

さらに、外乱の影響度が大きい=まだまだ成長過程の市場だということがわかったかと思います。

私自身も再認識させられました。

最後まで購読ありがとうございました。

Sponsored Link

補足:ビットコインの価値推移に関するニュース

ビットコインの価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

補足:今すぐ仮想通貨投資を始めたい方へ!!

まだ仮想通貨を保有されていない方は、ぜひ以下リンクから取引所のアカウントを作成することをお勧めします。
アカウント作りは無料ですから、ぜひそこから始めてはいかがでしょうか?

仮想通貨のアカウント作成 → クリック

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加

コメントを残す