ビットコインの売買がさらに加速する??CMEグループが先物取引に登録!!

2017年11月に入り、とうとうビットコインは、70万円の大台を突破しました。

2017年1月には、なかなか予想できなかった数値かと思います。

今回さらに、高騰した理由とは、CMEグループが先物取引の商品の1つとしてビットコインを取り入れるというニュースが要因の1つのようです。

そのことについて、詳細を記載しています。

Sponsored Link

CMEグループとは??

CMEグループとは、株や債券、先物取引等を行う窓口(取引所)です。

CMEグループはグローバル企業であり、アメリカを中心に、世界150カ国で取引所にアクセスが可能です。

さらに、市場規模としては、1000兆ドル(110,000兆円)相当の取引を行なっています。

ちょっと幾何学的な数値で、度肝を抜かれますが、世界トップクラスの国際マーケットを24時間稼働しています。

CMEグループが先物取引の商品にビットコインを登録??

CMEグループの公式ツイッターで、

「デジタルアセット(デジタルの財産)市場として関連する取引市場を投資家へ提供するために、ビットコインの先物取引を開始する予定です。」

とツイートしています。

Sponsored Link

先物取引とは??

ちなみに、CMEグループが先物取引を行なう予定はわかったが、なぜそれが高騰につながるのか??

そのためには、まず先物取引を理解する必要があります。

先物取引とは、簡単に言うと、1年後にその商品(例:ビットコイン)が、いくらになるかわからないが、現在決めた価格で購入することを契約し、

1年後に代金の支払いと商品の受け渡しをすると言うものです。
イメージ図は以下のとおりです。

現在
買い手と売り手の間で未来の価値を予想し、契約をする。

 

未来
現在に決めた価格で、実際の価値が高騰していても、下落していても、商品の受け渡しと代金の支払いをする。

先物取引については、上記で理解できると思いますが、それがビットコインの高騰につながる理由としては、以下が考えられます。

  • 商品先物取引法の元、取引がされ、安心感が増す。
  • CMEの取引所により市場の監視が行われ、不正取引が排除される。
  • 取引における禁止行為は取引所の方で、担保される。
  • CMEグループで今後の見通し(予想)が展開され、投資家が参入しやすくなる。
Sponsored Link

さいごに

CMEグループが先物取引の商品の1つとしてビットコインを導入すると言うことは、

商品先物取引法の規制やCME取引所の今までの実績から

ビットコインに対する安心感がさらに増す事が予想されますね。

加えて、CMEグループのフォーキャスト(予想)が展開されてくるため、投資家が、ビットコインの市場にさらに参入すると予想されます。

このニュースが拡散すればさらに、ビットコインの価値は高騰するかと思います。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

1 個のコメント

  • コメントを残す