ビットコインのチャートをリアルタイムで解析!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年8月1日にスケーラビリティ対策としてSegWit導入が計画されており、ビットコインの価格が、大きく変動しています。

その内容について、英文で紹介されていますので、ここではその事について紹介します。

Sponsored Link

ビットコインの7月中のチャート確認

ここ数ヶ月間(2017年5月くらいから)、ハードフォークが実施されるかどうか、SegWitのボードグループで話をされて来ました。

2017年7月の初め、SegWit(*1)が実装される前に、ビットコインは、2,600USDから1,600USDまで価値を落としました。
(*1)SegWitとは:リンク

しかし、その後、底値と判断した投資家も多く、再度需要を伸ばし、1週間以内で、価値を2,000USDくらいまで価値を伸ばしました。

そして、価値をさらに伸ばし、2,300USDで価値を一定にキープし、その後再度価値を伸ばしました。

このビットコインの変動の大きさから、本当はビットコインへ投資したい投資家が、まだいるが、まだまだ待ち状態の潜在需要が残されている事がわかると思います。

そうでなければ、これだけ早い値動きはないでしょう。

そして、2017年7月30日現在は、実際に価値が落ち始めた2017年7月13日の価値を比べても、ほぼ同レベルまで価値を伸ばした事がわかります。

ビットコインのチャートは次にどのような動きを見せるか??

ここ数週間の間に、インフルエンサーがどこで利益確定を判断したのか、1ヶ月間のチャートから見る事で、次のチャートの動きを少し予想できるかもしれません。

当然かと思うかもしれませんが、チャートや潜在需要からインフルエンサーが、利益を拡大させる事がないと判断する材料が多ければ、間違いなく価値は下がります。

ここ数週間のチャートから見れば、2,500USDあたりの価値がインフルエンサーや投資家にとって、第一の検討ポイントとなったのでしょう。

その理由として、1,835USDあたりで買い注文が集中し、2,800USDあたりでまた売りの動きが出ているからです。

ということは、まだまだ2,500USDあたりで、世界の投資家にとって懸念点が残されているという事が、掴めると思います。

今回の懸念点はSegWitのことでしょう。

実際に、SegWitで一部の取引所は取引停止し、市場の動向を見せている以上、世界の投資家にとって、まだ懸念点が残されていると判断せざるを得ないということかと思います。

Sponsored Link

さいごに

今のところ、SegWitによりビットコインの分裂は、まだまだ未定状態です。

そのため、上記で記載したインフルエンサーへの懸念材料は、まだまだ残されたままです。

また、取引所の動向や市場の動向、SegWitの導入について、まだまだ監視していくポイントは多いです。

従い、上記の監視ポイントが1つ1つクリアになっていけば、ビットコインの価値は、また次のステージに急騰するのではないでしょうか。

これは、あくまで個人的な意見であるため、違う意見もあると思いますが、ご了承ください。

最後までありがとうございました。

Sponsored Link

補足:ビットコインの価値推移に関するニュース

ビットコインの価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

コメントを残す