ブロックチェーンプロジェクトに2億6000万円の寄付!?

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

ブロックチェーンプロジェクトに2億6000万円の寄付!?

2018年4月19日、ベルギー政府が

世界食糧計画であるWFPのブロックチェーンプロジェクトに対して、200万ユーロ(約2億6,000万円)を寄付する計画を発表しました。

Sponsored Link

なぜ寄付をしたのか?

今回の寄付金は国連による貧困地域の飢餓対策のためのブロックチェーン事業に使われ様としており、

寄付する事で実際に現地に行き届いているかという不透明性を無くす目的としています。

現在ヨルダンのキャンプにいる10万人以上のシリア難民が、このプロジェクトから食料などを調達しており、確実に資金や物資を届けるには有効的な手段の様です。

2017年5月に国連がヨルダン難民が現地通貨の代わりとして使えるクーポンで食料配布が受け取れるようにしており、

そこにイーサリアムのブロックチェーン技術の活用する計画を発表しています。

この様な寄付という市場にもブロックチェーン技術が浸透し始めており、

既に1万人以上の人々が恩恵を受けています。この様な事実から、ブロックチェーン技術が拡大している事が分かるのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

寄付に関して、日本国内では寄付する目的として街頭で募金活動しており、発起人がその後着服していることもしばしば見受けられます。

その後事件化し逮捕されることもあるため、寄付金が確実に相手先に送られるためにもブロックチェーン技術がこういった活動に使われていくことは非常に効果的になっていきそうですね。

不正を起こせないためにもブロックチェーン技術に記録と言う形を残すことで、よりよい社会を築くことにもなります。

ユニセフでも同様にブロックチェーンを活用した寄付の記録・追跡のプロジェクトを進めており、

コンプライアンスが叫ばれる今、ブロックチェーン技術は必須技術になりそうですね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

また、ここでは話せない副業等での稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓
友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース


暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link