エイベックスも仮想通貨事業に参入!!今後市場爆上げの可能性大!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

エイベックスも仮想通貨事業に参入!!今後市場爆上げの可能性大!!

2018年5月24日に、エイベックス社は、FinTech事業に参入するために、

エンタメコイン(東京・港区)を2018年6月に設立する事を発表しました。

音楽業界の業界はブロックチェーン事業が必須

RACという芸名で活動しているドイツで有名なDJは、

新アルバムEGOをなんとイーサリアムのブロックチェーンを用い発売を開始したというニュースがリリースしており、

ヨーロッパではブロックチェーン上で自分の商品を発表するというのは主流になりつつあります。

参考文献:
https://cointelegraph.com/news/vitalik-inspires-grammy-winning-dj-to-release-full-album-on-ethereum

アーティストのRAC氏は、イーサリアムの開発者であるVitalik Buterin氏に対し、最初に感銘を受け、この新しい通貨のプラットフォームであるイーサリアムを販売ツールとして利用するという選択肢を選んだそうです。

RAC氏は、実際に、2016年にEGOというアルバムを作成完了後、ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンがどの様に稼働しているか勉強したそうです。

そして、RAC氏は、イーサリアムのブロックチェーンの技術の素晴らしさを認識し、EGOというアルバムをイーサリアムのブロックチェーンを使用し、リリースすることを決めたということです。

まさに、仮想通貨やブロックチェーンは世界で標準的な技術の1つとなっていきますね。

Sponsored Link

日本のアーティストの著作権管理にメスを入れるか?

アーティストの間では、著作権の管理というのは、死活問題です。

というのもアーティストは、「労働収入」ではなく、「権利収入」というのがメインであり、権利収入が適切に支払われない限り、自身が生み出した作品に対して、

適切に報酬が得る事ができないからです。

日本では、JASRACが以下の図の通り、アーティストと利用者の間に入り、著作権の管理をしています。

また最近JASRACは、著作権使用料を賃上げする等の問題で、色々な意見が出ています。

このように第三者機関が介入することは、今までは当たり前でした。

第三者機関は、商流の秩序守るために介入しているのですが、

その秩序を守る業務は、今後ブロックチェーン技術により管理することができます。

また、この業務を今後コンピュータがやるようになるため、正確ですし、人の介入が必要でなくなるため、

仲介料を最小まで引き下げることができ、

アーティストと消費者を最短でつなぐことが出来、今後非常に期待できるのでは無いでしょうか。

その辺に適切にメスを入れる事をAvexには期待したいですね。

Sponsored Link

さいごに

エイベックスのような幅広い層から支持を受けている企業が

仮想通貨事業に参入するという事は、

当たり前ですがそれだけ、多くの層に印象を残します。

そして、今まで信頼ある企業が参入することにより、仮想通貨というモノへの

不安や不信感というハードルが一気に下がる可能性があると思います。

実際に、私自身が海外のビジネスパートナーに話を聞いた際も、

「ビットコインや仮想通貨って詐欺でしょ?」という声が未だにあります。

しかし、このような企業の参入により、今後仮想通貨を保有して行く人たちが一気に増えて行くでしょう。

でも、我々としては、まずしっかり理解する必要があるのは、仮想通貨の基礎であるビットコインの知識をしっかり把握しておくことで、

その他の通貨の特性や利点、弱点を把握することにも繋がります。

もし、その辺がよく分からないな?ということが有れば、

以下から友達追加していただければ、無料で相談に乗ります。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

1 個のコメント