リップル ニュース 2018年!!銀行網がさらに拡大!!スペインのメガバンクも参加!!

Sponsored Link

2018年に注目されている通貨の1つであるリップルですが、

自身の市場である金融網の拡大が止まりません。

その事が分かるニュースがありましたので、紹介します。

Sponsored Link

リップル ニュース 2018年!!
銀行網がさらに拡大!!スペインのメガバンクも参加!!

スペインの首都マドリードに本拠地を置くサンタンデール銀行グループが、

リップルのネットワーク(XCurrent)を利用した携帯アプリを提供する事を発表しました。

サンタンデール銀行グループは、そのアプリを行員に対して18ヶ月間、試験的に運用していくという事です。

現在そのアプリの機能としては以下の機能を有しているとのことです。

❶ 国境を超えた即日支払い機能
❷ デジタルフォレットとしての財務管理機能
❸ 個人間での支払い機能

上記3つの機能は、他の銀行よりも進んだ機能を有したアプリであると言えるでしょう。

サンタンデール銀行グループは、このアプリをスペイン、ブラジル、イギリス、ポーランドの4カ国で利用できるようにする予定のようです。

Sponsored Link

リップル網を利用したアプリの影響は??

サンタンデール銀行によると、個人向け国債決済市場の規模というのは、

約1兆4000億円規模の市場があると考えており、

このアプリを利用して、その市場を狙っていくと考えています。

ちなみに、xCurrentは、銀行の送金向けのソリューション(解決策)であり、

xCurrentは銀行間で送金や着金の前後にリアルタイムで双方の確認ができるようにするソフトウェアです。

ここでは、リップルのトークンであるXRPを直接利用するわけではないため、リップルの価値が直接高騰する要因には、ならないでしょう。

しかし、市場拡大により、ブランドイメージが上がることにより、リップルの信頼性が増し、

リップル(XRP)の価値がスペインを含むヨーロッパで高騰する可能性は十分にありますね。

Sponsored Link

さいごに

仮想通貨市場は、現在多くの要因から下落気味ではあります。

しかし、リップルは、自身の市場拡大が順調に進んでおり、通貨としての需要は順調に伸びていると言えるのではないでしょうか。

特に、ヨーロッパでの市場拡大が、日々進んでおり、

慎重派の日本人よりも、新しいものを取り入れやすい積極派の欧米人にとって、

最適なツールと言えるのではないでしょうか。

今後も、リップルの市場拡大に目が離せませんね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ bitFlyer作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

2 件のコメント