AIをバスに導入!?日本初適用!!

 

NTTドコモと人工知能(以下AI)を主力製品として売り出している株式会社 未来シェアが、AIを用い、バス業界に参入するという記事がありましたので、その事について、記載します。

他にも、ICTや人工知能(AI)に関する実用例を紹介していますので、右記リンクを参照ください。(リンク)

 

どのようにAIをバスに適用するの!?

我々のイメージするバスというのは、時刻表の通り、定刻にバスがバス停に来て、それに合わせて町の人たちが行動するというのが、ビジネスモデルになっています。普通に考えたら、このようなビジネスモデルにどのようにAIを参入させるのか疑問に思いませんか??

そこで、未来シェア(株)は、現在のビジネスモデルの常識である定刻通りバスが来るということではなく、交通機関の需要を、AIを用い予測し、路線のルートや配車数を決めるという新しいビジネスモデルを作成しようとしています。

上記に記載したように需要に合わせ臨機応変にルートを変更したりするため、一般的な大型バスとは異なり、AIバスはニーズに合わせ大小様々な車両を配置し、適切な走行ルートを提供するようになるそうです。

こうなって来ると、もうバスというより乗り合いタクシーといった方が適切な表現の様な気がしますね!?

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
AI,ICT技術の実用例紹介

Sponsored Link

どうやってAIバスを利用するの??

AIバスはスマホのアプリでバスを呼び出して利用する様です。そして、流しているバスの中で最適なAIバスを選定し、AIバスを運転している運転手が目的地へいく様です。

ただ、予約が輻輳しだすと、最初に乗った利用者がなかなか目的地に到着できなくなってしまうので、そこはAIを用い、最適な運行を目指すアルゴリズムになっている様です。

すごい・・・。

 

AIバスは流行るの!?

AIバスのターゲットは高齢者をターゲットにしている様です。やはり高齢者はなかなか通常のバスに乗ることも難しいですし、決められていた時刻にバス停に行くことも難しいでしょう。さらには、朝の忙しく混んでいるバスに乗ることも少し困難でしょうから、そういった方をターゲットにしている様です。

さらには、バスの運転手不足ということも、もう一つの背景にある様です。街中をバスがたくさん走っていても、実はお客様が乗っていないガラガラのバスをたまに見ますよね。正直、バス会社にとっては宝の持ち腐れです。

そのため、最小限の労働力で、最大限の売り上げを出そうと考えているのが、今回のAIバスの発足理由の様です。

素晴らしいコンセプトですね。こういったしっかりしたコンセプトがあれば、間違いなく流行ると思います。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
AI,ICT技術の実用例紹介

Sponsored Link

さいごに

今回のAI適用事例は、今いる労働力を削減し、業務の最適化を図るのではなく、今いる労働力が、外乱により70%の力しか発揮できていなかったのを100%近い力を発揮できる様に、AIがサポートしているという事例です。

このビジネスモデルは本当に素晴らしいと思います。AIとリアルな労働力のコラボ事例が完成しそうになっているわけです。

こういった事例であれば、会社のトップの方もきっと取り入れやすいので、すぐにでも流行しそうな気がします。

Sponsored Link

関連記事:
ICT記事 一覧
URL:
http://judoengineer.xyz/category/ict/

コメントを残す