アリババコインは今後上昇するか??裁判所で勝訴を勝ち取る!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

アリババコインが今後上昇するか??
裁判所で勝訴を勝ち取る!!

2018年4月2日にアリババコイン財団に対し、中国のネットビジネス大手のアリババが、商標権侵害で提訴していました。

その結果、米国の裁判所は、中国のアリババ社の提訴を退けた事

2018年5月1日のForbes社が伝えました。

アリババコインとは??

アリババコインとは、私自身アリババコインの関係者と話をする事ができたので、

技術の高さは理解していました。

他の通貨にはないセキュリティの高さとして「顔認証技術」「マネーロンダリング対応」等を導入しており、今後EC(電子商取引)市場をターゲットとした共通通貨を狙っているという事でした。

詳細は、以下リンクを参照ください。

Sponsored Link

アリババコインの今後の伸びは??

アリババコイン財団の関係者は、自社の通貨について以下の通り説明しています。

アリババコイン財団は最高の仮想通貨企業であり、成功が予想されており、ホワイトペーパーも素晴らしい。この仮想通貨は安全な顔認証システムを備えている

しかし、せっかく技術が素晴らしくても、なぜアリババを連想させるようなトークン名にしたのか?

そして、アリババを連想させる名前にも関わらず、なぜアリババと同じ市場であるEC市場で勝負しようとしているのか?

そのあたりが非常に消費者目線で言うと疑問が残ります。

確かに今回は提訴は退けましたが、引き続きアリババ社(中国)は、提訴する事ができるため、この戦いは続きそうです。

Sponsored Link

さいごに

現在の社会はやはり、第一にコンプライアンス(法令遵守)が叫ばれている時代です。

従い、正しい事をして、正しい評価を受けて、市場を拡大させて行く必要があります。

ここが、ブレた場合、消費者にメリットが示されず、信頼が勝ち取れないため、最終的に、衰退して行くでしょう。

その点アリババコイン(ABBC)は、その秩序が少し欠如しているような気もします。

確かに、ICOで350万ドル(約3.8億円)を調達しているようですが、

その中の一部には、アリババ社(中国)と混同し、投資した方もいるかもしれません。

そのような事を考慮すると、これだけ提訴についても大きな話題となっているため、大きく価値を伸ばすのは、非常に厳しいと個人的には思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また、副業等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓
友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース


暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link