英語勉強法(英語ダメダメから英語上達者への道)

 

どうもトレーニング好きのSouです。今日は、英語について記載したいと思います。

まぁ、昔から英語は、日本の義務教育に入っていますが、なかなか日本には定着していませんよね?

ちなみに、年収700万円以上の方の約50%の方が、英語を話せるそうです。

ということは、英語を話すことさえできれば、年収700万円以上になれる可能性が大きくなるということですよね。

もちろん、そんなの分かっている、当たり前だろと怒られそうですが、勉強するにあたってやはり動機付けというのはかなり重要です!!

皆さんもしっかりそこを頭に入れて是非自己啓発に励んでください。ちなみに、私自身もそんなに英語が達者という訳ではありませんが、一応英語を使い仕事をする機会が多いですので、ちょっとしたアドバイスを記載したいと思います。

また、他にも自己啓発に関する関連記事もたくさん掲載しておりますので、ぜひ右記リンクもご一読ください。(リンク

 

英語学習の前に

英語学習をする前に、まず、私は英語が出来ないというイメージを払拭しましょう。

実は、、、私は会社に入社した時に全員でTOEICを受けさせられましたが、その際確か400点程度でした。

大学まで英語学習をしてきて、それなりにやってきたつもりなのに、、、400点ってという感じです。周りの同期は、みんな有名大学出身の方が多い中、あまり見せられた点数じゃありませんでした。

なのに、私の場合、鈍感なのかどうなのか、そんな点数を取ってもなぜか英語への苦手意識というのはありませんでした。そこが大きかったのか、今は800点程度まで点数を伸ばすことができました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事

 

英語が話せない事を恥ずかしいと思わない

英語が話せないのは仕方ないですが、口に出す事すら恥ずかしいと思ってしまい、無口になってしまうのは一番NGです。

ただ、この無口にならないという事は、我々日本人には、結構難しい事なのです。

日本人というのは、昔からの慣習で、元々引っ込み思案です。なので、人前で英語を話せない人が、英語を話すというのは、かなりハードルが高いです。

さらに、そこで周りの方から笑われたらどうしようとか、思ってしまうと、完全に、アウトで、こういう方は絶対無口になってしまいます。

この殻を破ることが一番大事です!

芸人の出川哲郎さんを見てください。テレビ企画で英語を話せないけれども、自分の中のボキャブラリーを駆使し何とか相手に伝えようとしていますよね??

この勢いがあると、きっと英語能力は二次関数的に伸びていきます。もし、英語が苦手だけど、たまたま外国人から道を聞かれ、何とか自分の言葉で道を教えてあげた場合、自分を全力で褒めてあげましょう。

こういう小さい成功例が、ステップアップして行く一番の好材料です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事

Sponsored Link

 

やっぱりボキャブラリー

何と言っても、やはり最低限のボキャブラリーは大事です。

例えば、あなたが、何かを買いに行ったとして、小銭しか持っていないとします。その時、あなたの希望するものは買えますか?

当たり前ですが、買えませんよね(笑)

まぁ5円チョコなんかであればいいですが、あなたが希望するものを購入するのであれば、それなりの貯金をして、準備をしなければいけません。

英語も同じです!

旅行に行くのであれば、旅行に必要と思われるボキャブラリーは準備して覚えて行かなければいけません。実際、そのシチュエーションに必要なボキャブラリーなんてたかが知れています。

あなたが日本のレストランに行った時の事を思い出せばいいのです。

注文の仕方!
金額の確認方法!
メニューの確認方法!
トイレの場所の確認方法!

この程度さえわかればいいのです。なので、そのシーンに合わせたボキャブラリーさえ覚えていき、徐々に貴方のアイテムを増やしていけば、徐々にレベルアップできるのです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事
 

まずは、中学文法を完全にマスターする

私自身、毎日仕事で英語を使っていますが、一番大事なのは、

中学時代に学習した文法です!

英語をできない方が、よく文法をバカにしたりしますが、Second Languageの方が英語を学習する際、文法というのは、本当に大事です!!ぜひバカにせず、マスターしてください。

また、高校時代にも英語学習しますが、基礎は中学時代に全て学習し、高校時代は、その単語レベルや文章レベルが上がっているだけで、基本は中学時代と大きく変わりません。

なので、まず中学文法を完全マスターさえすれば、実際の会話には困らないのです。まぁ実際の会話は比喩表現や崩した表現があるので、そういう難しさはありますが、基本は中学英語です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事

Sponsored Link

 

実学習

実学習は、色々な方法があります。一つだけ簡単に紹介すると、もう既にメジャーなシャドーウィングというやつですね。私も今も使っています。次回以降の記事で詳細は紹介していきたいと思います!!

関連記事:
英語学習 一覧
URL:
http://judoengineer.xyz/category/英語/

コメントを残す