英単語の覚え方は?短時間で効果がある方法は何?

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

 

テーマ:英単語の覚え方は?短時間で効果がある?

中学生、高校生、大学生そして社会人のみなさんが英語を勉強する際に、挫折してしまうのに、英単語の記憶という事が挙げられると思います。

正直、地味な努力でもありますし、面白くないので、かなり辛いと思います。私も、覚えては忘れ、また覚えるという事の繰り返しなので、どのような事が効果があるのか、色々試しました。その方法について、紹介したいと思います。

また、他にも自己啓発に関する関連記事もたくさん掲載しておりますので、ぜひ右記リンクもご一読ください。(リンク

 

英単語の覚え方の前に、まず記憶について!!

以前長期記憶と短期記憶という記事を記載しましたが、英単語を覚える時も、この長期記憶と短期記憶の構造を理解し覚える事が大事です。要は、すぐ忘れないために、どのような工夫が必要かという事です。

長期記憶の場合、以下の様な方法で長期記憶として記憶できると思います。

⑴ インパクトのある記憶法
⑵ イメージと合わせた記憶法
⑶ 反復による記憶

そのため、上記方法の具体例を示し、紹介したいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事

Sponsored Link

 

⑴ インパクトのある記憶法

インパクトと言われると少し仰々しく聞こえますが、要はエピソードで覚えるというものです。エピソードというものは記憶の奥底にダイレクトに記憶されやすく忘れづらい特徴があります。長期記憶の記事でも記載しましたが、小学生・中学生時代に行った遠足やその帰りに好きな人と話した内容というのは、忘れ様にも忘れづらいですよね。

これです!

この方法を使う事で、単語を覚えていきます。ただ、単語を覚えるのに、エピソードを加える方が至難の技ですので、英単語の本を買う際に、ストーリー(少し長め)と単語帳が一緒になっているものを選ぶ事をお勧めします。

そして、そのストーリーに色んなエピソードを自分なりに付け加え、記憶していく事で、より深い記憶になっていきます。

自分なりのエピソードというのは、例えばストーリーの中の主人公を、無理矢理変な服を来た香水のキツイ主人公に、仕立て上げ、ストーリーを読んでいきます。これだけストーリーに少し色が出てきますよね。

私が昔使っていた、オススメの本は以下ですので、ぜひ一度使って見てください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事

⑵ イメージと合わせた記憶法

イメージと合わせた記憶法というのは、単語を文字として覚えるだけでなく、イメージ先行で覚えるという方法です。

これは、かなり効果的です!

一見すると覚える量が「イメージ」と「単語の意味」と2つになるので、いやいや意味ないだろ!と思うかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

具体的に言うと、調べたい単語を画像検索し、その画像を覚えると言う方法です。

例えば、Googleのトップページを開き、調べたい単語を検索の窓に記入します。その際に、ウェブではなく画像というものを選択し、検索ボタンを押します。

これで、たくさんのイメージが出てきますので、そのイメージを覚えます。それは既に単語の意味とリンクしたイメージになっていますので、イメージを覚える事で、単語も自動的に覚える事が可能です。

これは、本当にオススメです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事

 

⑶ 反復による記憶

おそらくこれは、皆さんがやっている通常の復習と同じです。これは、単純に辛いですが、反復練習を続ける事で、短期記憶から長期記憶へ移行していきます。

だいたい、時間を1〜2時間あけ、20回を目安に繰り返す事で、長期記憶に移行していきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気 英語関連記事

Sponsored Link

 

さいごに

長期記憶と短期記憶の情報を理解した上で、単語等の記憶をしていくと、自分が効果的な方法で対応していたかどうか分かるのではないでしょうか?

ぜひ皆さんの記憶法が正しかったかどうかを再度見つめ直し、効果的な学習へとつなげて行ってください。

関連記事-1:
自己啓発のための準備(短期記憶、長期記憶)
URL:
http://judoengineer.xyz/2017/02/11/私の勉強方法/

関連記事-2:
英語記事一覧
URL:
http://judoengineer.xyz/category/英語/

Sponsored Link

コメントを残す